スポンサーサイト 

      
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓応援していただけると嬉しいです♪
人気blogランキングへ クリックで1票♪

本日の上昇率+7.74%は歴代7位 

    2008/10/30(木)
      
日経225 8,211.90(+589.98 +7.74%)
東証1部出来高 29億8113万株
売買代金 2兆2366億円
騰落レシオ25 62.11
騰落銘柄数 値上がり1406 値下がり253 変わらず47
225平均25日線乖離率 -14.30
NT倍率 9.89
225先物 8300(28日後場終値比+570)
TOPIX 830.32(+46.29)

昨夜のNY市場は大幅爆上げとなりました。
上げ幅は史上2番目だそうです。
これだけ一気に上げてしまうと後が続きにくくなるのではないでしょうかねぇ・・・。

NY市場概況-大幅反発 日銀利下げ観測の報道が買いを後押し   28日のニューヨーク株式は大幅反発となった。日本政府の空売り規制実施を受けて日経平均が大幅上昇したことを好感し、ダウ先物は大幅上昇していた。そのためダウ平均は寄付きから反発して始まった。ただ、過去最低水準まで落ち込んだ米10月消費者信頼感指数などを受けて、上げ幅を削る場面も見られた。

 午後には市場に日銀が利下げを検討しているとの報道が流れ主要中銀による追加利下げ観測が浮上し、ドル円が98円台へ上昇し、米株式市場も急進。さらに、29日の米連邦公開市場委員会での利下げ期待や割安感からの買い、さらには月末にかけてのリバランスなども手がかりとなり、引け際には上げ足を強め、ダウ平均はほぼ高値引けとなった。結局、ダウ平均は10.88%高、NASDAQは9.53%高、S&Pは10.79%高と大幅な反発を記録。ダウ平均とS&P500は史上2番目の上げ幅となった。

 割安感を見込む買いは個別にも広がり、決算が好感されたUSスティールは14.2%高に。またウォルマートも11.1%高と急騰した。このほかスト終了が好感されたボーイングも15.5%と急騰。またクライスラーーとの合併交渉に米エネルギー省が支援すると報じられたGMは14.7%高となった。

 終値はダウ平均が前日比889.35ドル高の9065.12ドル、NASDAQ総合株価指数は同143.57ポイント高の1649.47ポイント、S&P500種株価指数は91.59ポイント高の940.51ポイント。

 セクター別 騰落率上位・下位
 <ベスト5>S&P 500 Real Estate Svc、店舗用不動産投信、オフィス不動産投資信託、S&P500 Cable&Satell、金
 <ワースト5>S&P 500 Secur & Alm Svc、S&P 500 Real EstateOpco、S&P 500 Real Estate Dev、不動産管理・開発、抵当不動産投資信託
トレーダーズ・ウェブより

本日は所用のため、後場途中からの参戦でした。
14時20分にダブルボトムを付けてからの上昇はすごかったですね。
踏み上げなので板はスカスカになっちゃうし、ツールは落ちてしまうわで大変でした。
今日の225平均の上昇率+7.74%は歴代7位の記録でした。
昨日に続くまたまた記録更新ですね(^^;)
[前場トレード]
なし
[後場トレード]
7955ロング→7925ロスカット
7925ロング→7895ロスカット
7890ロング→7900売り埋め
7890ロング→7920売り埋め
08.10.29 225mini5分足チャート2

【本日の先物取引情報 10月29日分 】
証券会社名225 SELL 225 BUY 225 NET TOPIX SELLTOPIX BUY TOPIX NET
モルガンS 770912771506248844316-568
大和SM 6545112374692216746472480
ドイツ 2793031839390987086768-1940
ニューエッジ 537895649127021189410618-1276
バークレイズ 4883642615432607370-2237
三菱UFJ 43445781143718892155266
JPモルガン 1083511863102863335993-340
Cスイス 3260391765723412294-47
藍澤 71227468346


岩井


133013300
SMBCフ


30272900-127
のぞみ


181518150
HSBC


17610-1761
リテラクレア


336033600
そしあす


342334230
ドレスナー 850-85


水戸 41453971-174


松井 33053117-188


日興シティ 14981251-24767222171545
岡三 60275780-24725732566-7
楽天 34552994-461


SBI 44723840-632


安藤 47314066-665


メリルリンチ 37213042-67925811732-849
ゴールドマン 1149110786-705329352281935
みずほ 976271-70523752654279
UBS 3302429967-305790848565-519
野村 143319928-440310113141944081
BNPパリバ 156918205-748678197178-641


【マーケット・プロファイル 10月29日分】
MODE 8180 上限  8250 下限 7910
(●)MODE (>)寄値  (<)終値  (*)VAの上・下線
8380 I
8370 I
8360 I
8350 I
8340 I
8330 I
8320 I
8310 I
8300 i<
8290 I
8280 I
8270 I
8260 I
8250 AI *
8240 ABI
8230 ABI
8220 ABI
8210 ABI
8200 >aBEI
8190 ABEI
8180 ABCDEI ●
8170 ABCDEI
8160 ABCDEI
8150 ABCDEI
8140 ABCDEI
8130 ABCDEI
8120 BCDEI
8110 BCDEI
8100 CDEI
8090 CDEI
8080 CDEI
8070 CEI
8060 EI
8050 EI
8040 EI
8030 EI
8020 EI
8010 EI
8000 EI
7990 EI
7980 EI
7970 EFGI
7960 EFGI
7950 EFGI
7940 EFGI
7930 EFGHI
7920 EFGHI
7910 EFGHI *
7900 EFGHI
7890 FGHI
7880 FGH
7870 FGH
7860 FGH
7850 FGH
7840 FGH
7830 FGH
7820 FGH
7810 FGH
7800 FGH
7790 FH
7780 FH
7770 FH
7760 H
7750 H
スポンサーサイト
↓応援していただけると嬉しいです♪
人気blogランキングへ クリックで1票♪

世界情勢 

    2006/07/13(木)
      
今日もお出かけしてたのでザラ場は見てません。
帰ってきてびっくり(◎∇◎;)!
日経225はきれいなお山ができてますねぇ(゜〇゜;)

北朝鮮のミサイル発射問題に対する制裁は見送られそうですが
インドのテロ、イスラエルのレバノン侵攻、
イラン核問題に対する制裁協議などなんだかきな臭い話がポコポコと発生するなか、
今日の前場の上げはなんだったんでしょう?
なんだか空売りするために上げたように思えちゃうのは私だけでしょうか?!

日経225 15097円(-151円 -0.99%)
東証1部出来高 17億3427万株

少しずつですが出来高が増えています。
下げてるときに出来高が増えていくのはそれだけ売る人が増えているってことですよね。
日経225の週足を見れば14000円を割っちゃうのも時間の問題かなぁなんて気もしちゃいます。

ソフトバンク(9984)も安値更新しましたね。
14:20頃に爆弾が落ちたようでその後は狼狽売りでしょうね。
それにしてもひどい下げですね┐(´~`;)┌

ノーポジなので結構冷静に相場を眺められるのが救いかもしれません。
↓応援していただけると嬉しいです♪
人気blogランキングへ クリックで1票♪

日経平均安値更新(+_+) 

    2006/06/07(水)
      
今日はバレーボールの練習があったので前場は見てません。
日経225のチャートを見てみると昨日と同じようにNYの安値を受けて安く始まった後少し上げていますね。
でもでも窓埋め後急降下( ̄▽ ̄;)

後場は少しザラ場を見ていたんですがやっぱり弱い感じがしたのでデイトレも今日はしませんでした。

日経225はまたまた安値更新しちゃいましたねぇ(+_+)
とうとう15096円(前日終値-288円)(◎∇◎;)!
東証1部出来高は19億6038万株

今週は仕方ないかな。
これで需給が改善されていけばいいんですがね。

寄り付き前の外資系証券は10営業日連続売り越しだし
相変わらず下落相場は続いています。
市場の動きを素直に受け入れて比較的安全な方法をとり続けることが
この下落相場で生き残っていく方法だと思います。
もちろん休むってのもありですしね~♪

明日、あさっての動きには特に注目してみたいと思います。
ヨーロッパも下落傾向ですし
底値探しの旅に出ないといいんですけどね。。。
↓応援していただけると嬉しいです♪
人気blogランキングへ クリックで1票♪

需給強制改善?? 

    2006/06/01(木)
      
NYの反発高を受けて15603円と前日終値より136円高で始まった日経225ですが
後場にまさかまさかのマイナス転落
大引け前に戻してかろうじて15503円(前日+36)で引けました。

これは空売りの買戻し?!
大引け前に買い戻しするくらい売り方さんは余裕がある相場なんでしょうか( ̄△ ̄;)

東証1部の出来高は16億9479万株。


なんだかんだでず~と見てるソフトバンクは
吹き上げ高値をつけた頃からちょうど今週が22週目にあたり
高値の信用買いホルダーさんの信用期限と重なっちゃいます。
無期限信用なんてのもありますが。。。

もちろんこれまでに需給が改善されていれば問題はなかったんでしょうが
吹き上げ高値よりも少し戻した頃の方が信用買い残が増えてるみたいだし
地合いも最悪(+_+)

ホルダーさんの投売りだけじゃなくって新規空売りも参入してくるだろうから
もうそれこそ大安売り・・・。

上げても買い戻しだからチョッピリだけだしぃ

今日の終値2510円

あぁ、これなら空売りすれば稼げるんじゃないの?!
な~んて下手ッピの私が思うくらいなんだから
意外に底が近い??

いや、思うだけで実行できないからきっとまだまだ下がるんだろうなぁ┐(´~`;)┌
↓応援していただけると嬉しいです♪
人気blogランキングへ クリックで1票♪

SBIヒューチャーズ寄る 

    2006/06/01(木)
      
6月ですね~♪
今月もはりきっていきましょ~!!

・・・なんですが。。。相場の方は相変わらず湿気ってますねε= (´∞` ) ハァー

そんな中、昨日ヘラクレスに上場したSBIフューチャーズ(8735)
今日寄り付いた初値410000円!
で、早々にS高に

これちょっと狙ってたんですけどあまりの値動きの速さに
上がってるんだか下がってるんだか脳がついていきませんでした(ノω・、) ウゥ・・・

・・・まぁ無理せず自分の能力にあったトレードをしていけばいいかな(^^;)

ところで昨日禁断症状が出ちゃったソフトバンクですが
・・・安値更新中・・・

結果だけを見れば寄付き後、2745円まで買われたので持ち越してても大丈夫だったんですが
それはあくまでも結果論ですネ。
危ない危ない


こうやって冷静に相場を見ていられるのもすでに持ち株を損切っているからだと思います。
もし持ち続けていたら・・・

この下落相場で個人が随分淘汰されるのでは?!なんて噂もチラホラ。
大事な資産を守れるのは自分だけですからね~。
みなさんがんばりましょう!!

それにしても下落相場のお陰でものすご~く勉強になるなぁo( ̄ー ̄;)ゞううむ

=追記=
SBIフューチャーズ、ただいまS安
S高からS安へヽ((◎д◎ ))ゝヒョエ~

で、ソフトバンク投売りちう
どこまで落ちるのさぁ~(+_+)
↓応援していただけると嬉しいです♪
人気blogランキングへ クリックで1票♪

吹き上げた銘柄に参戦する。 

    2006/05/24(水)
      
前回吹き上げた銘柄について記事にしましたが(吹き上げた銘柄の行方)今回はそういった吹き上げた銘柄に参戦する場合の注意点についてまとめてみました。

※吹き上がったからといってすぐに売りに走ってはいけない。
天井からの下落を取れれば利益は大きいですが、吹き上げている最中は天井がどこだかわからないし、下手に売りを入れるとそれこそ大きく踏まれる可能性があります。

※ではいつ参戦するべきか?
吹き上げ天井からの下落が始まり、下落の最中に需給の悪化という相場形成(買い残が大幅に増える)を確認した上で、戻りがある都度売り玉を重ねていく。
これにヘッジの買い玉を出し入れすれば更に安全。

※一連の吹き上げからの下落相場が終焉した時点で手仕舞う。
下落の押し目と思って売り玉を入れたけど、また吹き上がってしまった場合など自分の判断が間違っていたときにすばやく手仕舞いする。

このことは買いよりも慎重に。
なぜなら売り玉というものは天井知らずで株価が数倍になってしまうことがあるからです。
↓応援していただけると嬉しいです♪
人気blogランキングへ クリックで1票♪

吹き上げた銘柄の行方 

    2006/05/23(火)
      
今はノーポジといえどもなんだか愛着のあるソフトバンク。
なぜこんなに下げ続けるのかいろいろ調べてみると
ヤフーファイナンスの掲示板に興味深い投稿があったので引用させていただこうと思います。

[投稿者:clasicalmadow]
昨年末の吹き上げ天井から、下落の始まり、そして最初の戻り天井辺りまでで買い残の大幅な増加が起こっていますね。
もちろん、その間に(実際には少し遅れてですが)売り残も増加しているのですが
買い残の増加のほうが大きいので、結果として取り組みが悪化しています。

買い残というのは、信用で入ってきた買い玉のことですから
これが大量に入ってきているにもかかわらず、全体の方向として
下落相場が続いたということは、現物・信用の買い玉を上回る量の売り玉が出ていることになりますね。

この売り玉はどこから来たものなのでしょうか。
空売りの量はそれほどないのですから
信用の決済売りや、機関が借り株として調達してきた現物の新規売りが多少あったとしても
そのほとんどは、現物の決済売りと言うことになります。

(中略)

吹き上げの寸前、いや途中までの間に仕込んだ現物なら、今回の吹き上げ天井付近で決済すれば、どの時期に仕入れた玉でも益勘定になったことになりますね。

このことは、吹き上げ天井付近で決済された現物ホルダーの得た利益は(結果的に)天井付近で買い方に回った方々の側から出ていることを意味しています。
そしてそのうちの信用買い方の方々が、自ら負担した資金の、新たな引き受け手を見つけることが出来ずに期限を前にして、自らの資産を削ることで先渡しした利益を贖わざるを得なくなりつつあるというのが今の状況です。



吹き上げを見せた相場のその後の動きを利用して売りで利益を得る方法は昔からよく知られている方法だったんですね。
さらに投稿者はこう続けておられます。

もし貴方が、SBの株の買い建てを狙っているとしたら、高値掴みの現物さんの損失を事実上肩代わりすることになる今(2段下げが終了した後も含めて)にするか、
それとも、高値現物さん自らが自分の資産で損失を贖った後(つまり一定程度の現物のしこり解消の後)にするか
答えは自ずから明らかでしょう。

この辺りがたとえ現物の玉といえども、吹き上げた後のしこり玉が多い銘柄が長期に渡って底練を余儀なくされる理由でしょう。

この他にも、ヘッジファンドの動向や世界を還流するリスクマネーの動向など需給と言うのは信用残や取り組みだけでなく、手口に関する幅広い要素がたくさんあって市場を取り巻く要素の中でも非常に興味深い分野だと私は思っています。

もちろん、常にこういった需給関係だけで市場が動くわけではありませんし、さまざまな要素が絡み合って動くのが市場の姿ですが
それだけに取り組み甲斐のある世界といえるでしょうね。



ソフトバンクに限らず年末に吹き上げた銘柄は多いです。
そういった銘柄は個人投資家に人気があるような。

今の下落相場は日経平均の昨年のチャートが物語っているような気がしてきましたよぉ。

またここで大きく反発すると新たなしこりを作ってしまうので
信用残に対する取り組みが改善されるまでは下落相場は当分続けられるかもしれません。
ブームの終焉っていうのはそんなものかもしれませんが。

私はなんとか生き残っていたいものです(*´ェ`*)ポッ

※信用残の動きを見るにはこちらのチャートが便利です。
http://www.miller.co.jp/kmp00/visitor/apps/cgi-bin/cv0cht00.cgi
↓応援していただけると嬉しいです♪
人気blogランキングへ クリックで1票♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。