FC2ブログ

11月と似ていませんか? 

    2007/01/15(月)
      
日経225 17209円(+152円 +0.90%)
東証1部出来高 19億8万株
225先物 17250円(+170円)


今回より朝8:50に発表されるようになった機械受注ですが
市場予測前月比3.4%増を上回る前月比3.8%増でした。
寄り前の先物の気配が高かったので良い数字がでるのかなぁって思っていましたけど

そろそろまた調整があるんじゃないかと思われるようなときに
市場予測よりも良い数字の発表。

なんだか、これに似たような場面あったよなぁ??と思い
過去記事を振り返っていたら
11月14日のGDP発表の頃に似ているような気がしました。
あの時はマイナス予測だったものがプラス発表だったので
日経も大きく上昇したんですよね。
ところが翌15日から21日まで下落し続けました。
そして27日の寄り付きから反転し
今日までの上昇トレンドとなっています。
ちなみに16日に行われた日銀金融政策会合では利上げは見送られました。

そして現在、利上げ実施は確実っていう報道もされていますが
与党もなんだかごねてるみたいですね~。

でも外国人主導の今の相場では利上げされたとしても
為替が円高に動いてこなければ利上げは織り込み済みと考えていいんじゃないかなぁって思っています。

「円キャリー取引がなくなる、日米金利臨界点は4%らしい。(日経金融新聞)」相場の美学さま1/9記事より抜粋

さてさて今回はどんな風に動くのでしょうか。
どっちにしろなんらかの仕掛けが隠されているはずだと思っておかなきゃね。

持ち株達は相変わらず逆指値を設定して放置状態。
なんだかものすご~くのんびりしていて
以前のように毎日上がった下がったと一喜一憂していたのが嘘のようです。
スポンサーサイト



↓応援していただけると嬉しいです♪
人気blogランキングへ クリックで1票♪

不二家に思う。 

    2007/01/15(月)
      
書きかけていてアップし損ねた記事を今更ながらなんですが引っ張り出してきました。


不二家 洋菓子販売を全面的に休止 社長陳謝
またか・・・。
本当にどうしようもない。

乳製品などはもっとも品質に神経を使ってもらわねばならない商品じゃないんですか。

「賢い主婦はスーパーで手前に並んでいる古い牛乳から買う。」
というキャッチコピーが2006年新聞広告クリエーティブコンテストの最優秀賞をとりましたが
確かに環境を考える上では重要なことだと思います。

でもこれって自分自身で消費することを前提の自己責任な話しですよね。

企業が消費者にはわからないだろうと消費期限切れの牛乳を使う根性が気に入りません。
消費者をバカにし過ぎ。
11月に問題が発覚していたにもかかわらず今日まで発表しなかったのは
おそらくクリスマス需要を考えてのことではないか?
それとも隠し通せるものなら隠そうという魂胆か?
そもそも消費者のことを考えずに経営するから赤字になるんだと思う。

2000年に起きた雪印の集団食中毒事件から何の進歩もないんじゃないんですか。
ちなみに私は未だに雪印社の製品は購入してません。


とまぁ、ここまでは実は1月11日に書いていた1消費者としてのコメントです。
その後ネズミ捕獲問題などなんだか意図的にしつこくイメージを悪くしようしようとしているような感じがしてたんですが
相場の世界にはまだまだその裏があったようで。。。

江草 乗の言いたい放題「これがインサイダーでなかったら何だ?」

現在2211不二家は信用取引が停止されていますので
新規の空売りはできません。
でも大口さんはできるんですね。
ゴールドマンサックスが保有している大量の株は空売り目的の借株なのか、現物株なのか?
どういう手法を使ってくるのか?
なんてことをいろいろ考えを巡らせてみるのも勉強のひとつかな。

それにしてもババ引くのはまたしても株主。
とにかく個人投資家は賢くならなくっちゃダメですね。
↓応援していただけると嬉しいです♪
人気blogランキングへ クリックで1票♪