スポンサーサイト 

      
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓応援していただけると嬉しいです♪
人気blogランキングへ クリックで1票♪

8000守れず 

    2009/01/30(金)
      
日経225 7,994.05(-257.19 -3.12%)
東証1部出来高  19億6583万株
売買代金 1兆3365億円
騰落レシオ25 95.70
騰落銘柄数 値下がり1276 値上がり349 変わらず91
225平均25日線乖離率 -5.05%
NT倍率 10.07
225先物 7,940(29日後場終値比 -260)
TOPIX  794.03( -24.44)

NY市場概況-大幅反落 バッドバンク設立の期待が後退
  29日のニューヨーク株式市場は大幅反落。利益確定売りやバッドバンク設立の期待が後退し、金融セクターが指数の重しとなった。週初からダウ平均が3.7%上昇していたため、予想より悪化した経済指標の結果をきっかけに、利益確定売り優勢で始まった。さらに、フォードが発表した10-12月期決算では59億ドルの赤字と手元資金が減少していたことが明らかになったことも嫌気された。
 その後、バッドバンク設立の期待が後退し、JPモルガン、シティ、バンカメなどの金融セクターが下落。ダウ平均は237ドル下落と一段安へ。結局、大引けは226ドル下落と安値圏で終了した。一方、S&P金融セクターは8.4%反落した。

 個別ではバンカメが8%安、シティが7%安、JPモルガンが8%安となった。また、決算が予想を下回ったフォードは4%安だった。

 終値はダウ平均が前日比226.44ドル安の8149.01ドル、NASDAQ総合株価指数は同50.50ポイント安の1507.84ポイント、S&P500種株価指数は28.95ポイント安の845.14ポイント。

  セクター別 騰落率上位・下位
 <ベスト5>教育サービス、金、家庭用品、空港サービス、代替え通信事業
 <ワースト5>写真用品、不動産サービス、工業用不動産投信、家庭用電気機器、生命保険・健康保険
トレーダーズ・ウェブより

今日は前場・後場参戦しました。
下げるなら戻ってこないで~と叫びたくなりましたが、この波をうまく利用するのもデイトレの強みなのでしょうから、もう少しうまく波乗りできるようになりたいものです。
1月は8000を守れずに終了しました。
来週からは2月相場です。
ひどい決算が続々と出てきています。
どこまで織り込むことができるのやら・・・。
今週もお疲れ様でした。
良い週末をお過ごしください。
[前場トレード]
8025ショート→逆指値7990買い戻し
8005ショート→逆指値7990買い戻し
7980ショート→7975買い戻し
[後場トレード]
7950ショート→7930買い戻し
09.1.30 225mini5分足チャート

【本日の先物取引情報 1月30日分 】
証券会社名225 SELL 225 BUY 225 NET TOPIX SELLTOPIX BUY TOPIX NET
メリルリンチ 26522081943150628211315
JPモルガン 50476898185145893682-907
BNPパリバ 912831274018871887
ドイツ 5754673397928352721-114
大和SM 2404272632279845877-2107
みずほ 022222230353149114
SBI 20922309217


三菱UFJ 268228121301160121757
松井 14101528118


水戸 2170218111145414540
リテラクレア


8928920
SMBCフ


77879113
光世


5725808
藍澤


5230-523
楽天 12231216-7


岡三 14431274-16911001207107
野村 29132703-210259545701975
日興シティ 18881641-2471214605-609
安藤 24642147-317


バークレイズ 28022405-3971259980-279
モルガンS 27272319-408167728031126
ゴールドマン 40023437-56573923021-4371
Cスイス 26662034-63228221638-1184
そしあす 9080-9085775770
カブドットコム 9240-924


UBS 83967376-102030172752-265
ニューエッジ 1784315792-2051496080263066


【マーケット・プロファイル 1月30日分】
MODE 7960 上限 7990 下限 7930
(●)MODE (>)寄値  (<)終値  (*)VAの上・下線
8030 A
8020 >aB
8010 ABC
8000 ABCI
7990 ABCDI *
7980 ABCDGI
7970 ABCDEFGI
7960 ABCDEFGHI ●
7950 BCDEFGHI
7940 DEFGHi<
7930 EFGHI *
7920 EFHI
7910 F
スポンサーサイト
↓応援していただけると嬉しいです♪
人気blogランキングへ クリックで1票♪

売りに押されるも3日続伸 

    2009/01/29(木)
      
日経225 8,251.24(+144.95 +1.79%)
東証1部出来高 21億4256万株
売買代金 1兆5564億円
騰落レシオ25 96.52
騰落銘柄数 値上がり1096 値下がり495 変わらず123
225平均25日線乖離率 -2.27%
NT倍率 10.08
225先物 8,200(28日後場終値比+90)
TOPIX 818.47(+14.14)

NY市場概況-大幅続伸 FOMC結果後に上値を伸ばす
  28日のニューヨーク株式市場は大幅続伸。バッドバンク設立計画やFOMC声明を好感した。オバマ政府が設立を計画しているバッドバンクの管理をFDICが実施する可能性があるとの報道を好感し、株式市場は買い優勢で始まった。ダウ平均は一時153ドル高まで上昇。

 その後、FOMC(連邦公開市場委員会)では政策金利の変更はなかったものの、「効果的であれば米国債を購入する用意がある」、「すべての利用可能なツールを駆使していく」などの声明を好感し、銀行株が主導する格好で一段高へ。声明を受け米長期債が下落するなか、ダウ平均は230ドル上昇と午前の高値を更新。結局、S&P金融セクターが13%上昇、ダウ平均も200ドル高と高値圏で終了した。

 個別ではバンカメが13.7%上昇、シティが18.6%上昇、JPモルガンが10%上昇となった。一方、決算が予想を下回ったAT&Tは小幅下落、ボーイングは小幅高となった。

 終値はダウ平均が前日比200.72ドル高の8375.45ドル、NASDAQ総合株価指数は同53.44ポイント高の1558.34ポイント、S&P500種株価指数は28.38ポイント高の874.09ポイント。

  セクター別 騰落率上位・下位
 <ベスト5>銀行、生命保険・健康保険、地方銀行、不動産サービス、投資銀行・証券会社
 <ワースト5>金、電子製品製造サービス、タバコ、専門消費者サービス、スーパーマーケット(含む大型)
トレーダーズ・ウェブより

本日は後場参戦しました。
うまく入れても利食いが下手くそでした・・・。
含み益を持ちながらうまく引っ張っていけるようにするにはもっとしっかり準備をしておく必要があります。
軽い準備体操じゃダメですね。
しっかり備えないと。
[前場トレード]
なし
[後場トレード]
8230ショート→8205買い戻し
8195ショート→8190買い戻し
8140ロング→8180売り埋め
8185ロング→8150ロスカット
8185ショート→8205ロスカット
8195ロング→8185ロスカット
8215ロング→8230売り埋め
09.1.29 225mini5分足チャート

【本日の先物取引情報 1月29日分 】
証券会社名225 SELL 225 BUY 225 NET TOPIX SELLTOPIX BUY TOPIX NET
JPモルガン 40091824114232358547681183
Cスイス 17592861110217762713937
ひまわり 010401040


ドイツ 6846777893266345607-1027
大和SM 2573340383077408059319
ゴールドマン 3919427936012671505238
日興シティ 254435181787212-575
安藤 19102078168


三菱UFJ 31773262855231077554
楽天 1446149448


そしあす


103810380
コスモ 10100


みずほ 252502140387-1753
光世


664660-4
岩井


5580-558
SMBCフ


11261108-18
リテラクレア


8378370
松井 18691814-55


水戸 28312756-75109710970
SBI 24092332-77


メリルリンチ 202102-1000586586
藍澤 12281120-1088038041
岡三 48284690-13814821471-11
モルガンS 50944234-86021492882733
ニューエッジ 2227021289-98181768905729
オリックス 10550-1055


野村 32692195-107435822337-1245
UBS 1145610361-10953205327368
バークレイズ 43282779-1549574772198
ドレスナー 378648-3738


BNPパリバ 86991361-733819861527-459


【マーケット・プロファイル 1月29日分】
MODE 8190 上限 8250 下限 8160
(●)MODE (>)寄値  (<)終値  (*)VAの上・下線
8310 A
8300 AB
8290 AB
8280 AB
8270 AB
8260 >aBCI
8250 ABCEI *
8240 ABCDEI
8230 BCDEHI
8220 BCDEFHI
8210 BCDEFHI
8200 CDEFHi<
8190 CDEFGHI ●
8180 DEFGHI
8170 EFGH
8160 EFGH *
8150 EFGH
8140 FGH
8130 GH
↓応援していただけると嬉しいです♪
人気blogランキングへ クリックで1票♪

1月28日データ 

    2009/01/29(木)
      
日経225 8,106.29(+45.22 +0.56%)
東証1部出来高  19億264万株
売買代金 1兆2642億円
騰落レシオ25 92.18
騰落銘柄数 値上がり755 値下がり812 変わらず141
225平均25日線乖離率 -4.18%
225先物 8,110(27日後場終値比 +30)
TOPIX 804.33(-1.16)

NY市場概況-セクター間での循環買いが進むなか、続伸
  27日のニューヨーク株式市場は続伸。セクター間での循環買いなどが進んだ。依然として住宅価格が下げ止まらないことや企業決算の結果がまちまちだったものの、下値では短期筋が買いに来ていることから、上昇して始まった。ダウ平均は一時、前日終値を割り込む場面が見られたものの、109ドル高まで上昇した。

 昨日(26日)軟調だった金融セクターが大幅反発、ヘルスケアや素材セクターなども反発するなど、セクター間での循環買いが進み、ダウ平均はその後も堅調に推移。FRBが住宅差し押さえ対策を承認したとの報道が流れるなか、大引けは58ドル高で終了した。一方、ヤフーの決算を取引終了後に控えたNASDAQ総合株価指数も続伸した。

 個別では大幅反発した金融セクターはバンカメが8.3%上昇、シティが6.61%上昇、アメックスが9.7%上昇となった。一方、決算が予想を下回ったベライゾンは3.3%下落、デュポンは小幅高となった。

 終値はダウ平均が前日比58.70ドル高の8174.73ドル、NASDAQ総合株価指数は同15.44ポイント高の1504.90ポイント、S&P500種株価指数は9.14ポイント高の845.71ポイント。

  セクター別 騰落率上位・下位
 <ベスト5>石炭・消耗燃料、生命保険・健康保険、鉄道、鉄鋼、ヘルスケア製品販売・サービス
 <ワースト5>旅客航空輸送業、石油・ガス精製・販売、金、建築関連製品、総合電機通信サービス
トレーダーズ・ウェブより

1/19-1/20の窓は埋めることはできませんでしたが後場は強い動きでした。
今夜のNYも強いので明日はどうなるかな~。
09.1.28 225mini5分足チャート

【本日の先物取引情報 1月28日分 】
証券会社名225 SELL 225 BUY 225 NET TOPIX SELLTOPIX BUY TOPIX NET
JPモルガン 673210016328438533074-779
ドイツ 791497011787132331541831
日興シティ 281471144393930
ゴールドマン 132325631240161332861673
みずほ 493170112082787905-1882
Cスイス 2572338180927742616-158
三菱UFJ 1771218841711711076-95
野村 33063516210617898553677
SBI 3300338686


松井 1786186074


大和SM 16461708623007856-2151
岡三 1337135316122312285
光世


7477514
のぞみ


6210-621
リテラクレア


109610960
SMBCフ


1029105223
そしあす


136213620
東海東京


9019021
マネックス 14371429-8


モルガンS 26822657-2524462230-216
楽天 13781311-67


安藤 22712062-209


メリルリンチ 19781643-335


UBS 1356912824-74542364760524
カブドットコム 11100-1110


ニューエッジ 1753516314-122178455057-2788
藍澤 12480-1248757755-2
BNPパリバ 1702177-152521651945-220
バークレイズ 47842243-2541020282028
ドレスナー 27000-270010000-1000


【マーケット・プロファイル 1月28日分】
MODE 8110 上限 8170 下限 8030
(●)MODE (>)寄値  (<)終値  (*)VAの上・下線
8180 EH
8170 EGH *
8160 EFGH
8150 EFGH
8140 EFGH
8130 EFGHI
8120 AEFHI
8110 AEFHi< ●
8100 ABEHI
8090 ABEHI
8080 ABEHI
8070 ABH
8060 AB
8050 >aB
8040 ABD
8030 ABD *
8020 BD
8010 BCD
8000 BCD
7990 BCD
7980 BCD
7970 BC
7960 BC
7950 BC
7940 BC
7930 C
7920 C
↓応援していただけると嬉しいです♪
人気blogランキングへ クリックで1票♪

8000円回復 

    2009/01/28(水)
      
日経225 8,061.07(+378.93 +4.93%)
東証1部出来高 20億4662万株
売買代金 1兆3834億円
騰落レシオ25 92.65
騰落銘柄数 値上がり1506 値下がり150 横ばい53
225平均25日線乖離率 -4.94%
NT倍率 10.01
225先物 8,080(26日後場終値比+490)
TOPIX 805.49(+37.21)

NY市場概況-企業決算はまちまちも、ダウ平均は上昇
  26日のニューヨーク株式市場は上昇。企業決算や経済指標の結果を好感した。マクドナルドの決算や、中古住宅販売、景気先行指数などが予想を上回ったことなどを好感し、一時154ドル高まで上昇した。
 午後になると、ダウ平均は先週末終値を一旦割り込んだものの、IBMがセールス部門でリストラをすることが明らかになると再び買い優勢へ。この日、寄与度の高かったホームデポも人員削減を発表し、堅調に推移していたことから、ダウ平均の大引けは結局38ドル高で終了した。

 個別では人員削減が明らかになったIBMは2.4%、同じくホームデポも4.7%上昇した。決算が好調だったマクドナルドが小幅高だった一方、ファイザーは10%急落、キャタピラーは8.4%安となった。

 終値はダウ平均が前日比38.47ドル高の8116.03ドル、NASDAQ総合株価指数は同12.17ポイント高の1489.46ポイント、S&P500種株価指数は4.62ポイント高の836.57ポイント。

  セクター別 騰落率上位・下位
 <ベスト5>各種金属・鉱業、石油・ガス採掘、石油・ガス精製・販売、自動車製造、住宅関連用品小売り
 <ワースト5>工業用不動産、放送・ケーブルテレビ、自動車部品・装置、タイヤ・ゴム、建設・農業機械・トラック
トレーダーズ・ウェブより

今日は反発し8000円回復しました。
昨夕場安値7550円からですと高値8110円まで560円戻したことになります。
大引けにかけて売り込まれる展開が2日間続いていたので短期筋のショートが溜まっていたのかな。
09.1.27 225mini5分足チャート

 
【本日の先物取引情報 1月27日分 】
証券会社名225 SELL 225 BUY 225 NET TOPIX SELLTOPIX BUY TOPIX NET
JPモルガン 591210900498838384178340
モルガンS 25835471288826942982288
大和SM 309049521862123537752540
日興シティ 724249317695571275718
ドイツ 565873161658194137601819
メリルリンチ 338146411260625625
バークレイズ 148522147290890890
Cスイス 2614305844418131092-721
安藤 35443916372


藍澤 145315971445570-557
三菱UFJ 4084419811423861197-1189
岡三 210121656417571742-15
光世


5200-520
SMBCフ


719718-1
リテラクレア


324932490
そしあす


121412140
水戸 22502247-37047040
ドレスナー 230-23


UBS 1487514673-20235053485-20
楽天 16991388-311


ニューエッジ 2300322479-52498355898-3937
野村 52874739-54859723371-2601
松井 21071412-695


SBI 22121481-731


BNPパリバ 2224238-19862520840-1680
ゴールドマン 60974084-201316221777155
みずほ 5873240-5633100545333528


  【マーケット・プロファイル 1月27日分】
MODE 8020 上限 8080 下限 7900
(●)MODE (>)寄値  (<)終値  (*)VAの上・下線
8110 I
8100 I
8090 I
8080 Hi< *
8070 HI
8060 HI
8050 GHI
8040 GHI
8030 GHI
8020 EFGHI ●
8010 EFGHI
8000 EFG
7990 EF
7980 EF
7970 EF
7960 F
7950 D
7940 D
7930 D
7920 D
7910 CD
7900 CD *
7890 BCD
7880 BC
7870 BC
7860 B
7850 B
7840 AB
7830 AB
7820 >aB
7810 A
7800 A
7790 A
↓応援していただけると嬉しいです♪
人気blogランキングへ クリックで1票♪

14時からの売り 

    2009/01/26(月)
      
昨日アップしたつもりがアップできていませんでした・・・。
1日遅れの26日のデータです。

日経225 7,682.14(-63.11 -0.81%)
東証1部出来高  16億1528万株
売買代金 1兆600億円
騰落レシオ25 83.35
騰落銘柄数 値下がり834 値上がり749 変わらず129
225平均25日線乖離率 -9.63%
NT倍率 10.00
225先物 7,590(23日後場終値比 -140)
TOPIX 768.28(-5.27)

NY市場概況-下値では短期筋の買いが入り、S&P500種とNASADAQ指数は反発
  23日のニューヨーク株式市場はまちまち。業績を嫌気したが、下値では押し目買いが入りエネルギーや素材セクターなどが指数を押し上げた。注目されたGEの決算は44%の減益、ゼロックスは99%減益決算になるなど、低迷する業績がクローズアップされて、ダウ平均は一時213ドル安の7909.03ドルへ。

 しかし、ダウ平均8000ドル以下やS&P500種株価指数800p付近の水準では、短期トレーダーの買い場のため指数は下げ止まった。
 在庫が減少するとの思惑のなか、原油が上昇。金融危機のため資金が実物資産へシフトし、金が一時3カ月半ぶりとなる900ドル乗せとなるなど、エネルギーや素材セクターが上昇。さらにオバマ大統領が景気刺激策はプレジデンツデーまでに議会承認を目指すと示したことも重なり、ダウ平均は下落幅を縮小させた。結局、大引けではダウ平均は続落したものの、NASDAQ総合株価指数とS&P500種株価指数は反発した。一方、週足では主要な株価指数は3週続落となった。

 個別では配当と格付け維持の方針を示したGEは11%急落、ゼロックスは7%下落。また、バンカメとシティは9%超の上昇となった。一方、ワイスへ買収交渉を実施していることが明らかになったファイザーは小幅上昇した。

 終値はダウ平均が前日比45.24ドル安の8077.56ドル、NASDAQ総合株価指数は同11.80ポイント高の1477.29ポイント、S&P500種株価指数は4.45ポイント高の831.95ポイント。

  セクター別 騰落率上位・下位
 <ベスト5>金、石油・ガス装置・サービス、タイヤ・ゴム、他の各種金融サービス、半導体製造装置
 <ワースト5>旅客航空輸送業、コングロマリット、事務用電子機器、自動二輪車製造、パーソナル用品
トレーダーズ・ウェブより

本日も出かけていたためザラバは見ていません。
今週もこんな日が続きそうです。
後からチャートを見るとどうしても後付け解釈してしまって、実際リアルタイムで見ているのとは随分感覚が違ってきそうです。
変な癖をつけないようにしないと・・・。
それにしてもヘラタイムに売り込まれたせいでしょうが強烈な逆ザヤで引けてますね。
その修正が夕場なのかしら?!
09.1.26 225mini5分足チャート

【本日の先物取引情報 1月26日分 】
証券会社名225 SELL 225 BUY 225 NET TOPIX SELLTOPIX BUY TOPIX NET
JPモルガン 309369213828181929871168
メリルリンチ 81820361218


BNPパリバ 99126311641068677-391
ニューエッジ 155511644789655164269-1247
UBS 8258912887030342099-935
日興シティ 85014726221853700-1153
安藤 24932786293


モルガンS 2885309420960116201019
水戸 16031659563833830
のぞみ


3853850
リテラクレア


7537530
SMBCフ


675674-1
ウツミ屋


377374-3
みずほ


19190
そしあす


6696690
ひまわり


0341341
岡三 31523137-151269133162
カブドットコム 13431224-119


三菱UFJ 29152795-1201005664-341
楽天 16401484-156


松井 15771420-157


藍澤 14621288-174


SBI 21511801-350


オリックス 9040-904


ドイツ 57164730-9867091063354
野村 38632872-99130183516498
ゴールドマン 29641803-1161641834193
大和SM 44493143-13066671587920
バークレイズ 132810-1318631433-198
Cスイス 30931650-1443887657-230


【マーケット・プロファイル 1月26日分】
MODE 7730 上限 7780 下限 7690
(●)MODE (>)寄値  (<)終値  (*)VAの上・下線
7800 EFH
7790 EFH
7780 EFGH *
7770 DEFGH
7760 DEFGH
7750 CDFGH
7740 BCDFGH
7730 ABCDFGH ●
7720 ABCHI
7710 ABCHI
7700 ABCI
7690 ABI *
7680 >aBI
7670 ABI
7660 AI
7650 AI
7640 I
7630 I
7620 I
7610 I
7600 I
7590 i<
7580 I
↓応援していただけると嬉しいです♪
人気blogランキングへ クリックで1票♪

底探りの旅に向かうのか?! 

    2009/01/23(金)
      
日経225 7,745.25(-306.49 -3.81%)
東証1部出来高 17億672万株
売買代金 1兆1449億円
騰落レシオ25 89.84
騰落銘柄数 値下がり1344 値上がり284 変わらず80
225平均25日線乖離率 -9.30%
NT倍率 10.01
225先物 7,730(22日後場終値比 -300)
TOPIX 773.55(-22.36)

NY市場概況-マイクロソフトの決算など嫌気し、NASDAQ株価指数は大幅反落
  22日のニューヨーク株式市場は大幅反落。経済指標の結果や金融、テクノロジーセクターが指数を押し下げた。マイクロソフトの決算が予想を下回り、慎重な見通しを示したことや、新規失業保険申請件数、建設許可件数などの経済指標が軒並み悪化したことを嫌気し、ダウ平均は寄り付きから前日終値を下回る水準で推移していた。

 その後、政府支援が十分でないとの懸念を払しょくできない金融セクターは、当局が金融機関を国有化するとの噂が飛び交うなか指数を下押しし、ダウ平均は270ドル安の7957.14ドルと一段安へ。しかし、ガイトナー氏が財務長官の指名承認を受けると下落幅を縮小させる場面が見られ、結局、大引けは105ドル安で終了した。一方、マイクロソフトの失望された決算結果やノキアの慎重な見通しなど嫌気し、NASDAQ総合株価指数は2.8%安となった。

 個別では決算を発表したマイクロソフトは11%急落、慎重な見通しを発表したノキアも10%急落。また、バンカメとシティは15%の急落となった。一方、決算が好調だったロッキードマーチンは6%高となった。

 終値はダウ平均が前日比105.3ドル安の8112.80ドル、NASDAQ総合株価指数は同41.58ポイント安の1465.49ポイント、S&P500種株価指数は12.74ポイント安の827.50ポイント。

  セクター別 騰落率上位・下位
 <ベスト5>旅客航空輸送業、管理健康医療、薬品小売り、無線通信サービス、教育サービス
 <ワースト5>生命保険・健康保険、放送・ケーブルテレビ、建設・土木、自動車二輪製造、システム・ソフトウェア
トレーダーズ・ウェブより

本日も所用で出かけていたのでザラバは見ていません。
8000が磁石になっていましたが、今日は弱く、大引け10分前に崩れると夕場はさらに突っ込んでいたようです。
下値での買い支えは続けることができるのでしょうか・・・。
09.1.23 225mini5分足チャート

【本日の先物取引情報 1月23日分 】
証券会社名225 SELL 225 BUY 225 NET TOPIX SELLTOPIX BUY TOPIX NET
三菱UFJ 16283444181677817951017
ニューエッジ 1479615667871397960172038
BNPパリバ 144521697247101445735
UBS 9078957449630622597-465
SBI 18142143329


ドイツ 544257372959891857868
楽天 10881331243


松井 14991721222


野村 2134231418045582582-1976
みずほ 097970180180
安藤 36873779925945940
光世


5035030
SMBCフ


660659-1
日興シティ 12641264010221503481
のぞみ


7707700
リテラクレア


9449440
そしあす


6146140
水戸 17221655-67


岡三 13551265-9011381137-1
藍澤 14091309-100


モルガンS 22842130-15420082348340
ドレスナー 24738-209


大和SM 31672754-41329711972-999
JPモルガン 56975131-56648093190-1619
ゴールドマン 36522736-91637343272-462
バークレイズ 30191973-1046713645-68
Cスイス 25281364-116411471098-49
メリルリンチ 25341173-1361




【マーケット・プロファイル 1月23日分】
MODE 7820 上限 7860 下限 7790
(●)MODE (>)寄値  (<)終値  (*)VAの上・下線
7930 >a
7920 A
7910 A
7900 A
7890 A
7880 AEF
7870 ABEF
7860 ABEF *
7850 ABEF
7840 ABCEF
7830 ABCDEFGH
7820 ABCDEFGHI ●
7810 CDGHI
7800 CDGHI
7790 CDGHI *
7780 GHI
7770 GI
7760 I
7750 I
7740 I
7730 i<
7720 I
↓応援していただけると嬉しいです♪
人気blogランキングへ クリックで1票♪

円高へ。 

    2009/01/23(金)
      
日経255 8,051.74(+150.10 +1.90%)
東証1部出来高  19億3306万株
売買代金 1兆3625億円
騰落レシオ25 89.42
騰落銘柄数 値上がり1035 値下がり551 横ばい124
225平均25日線乖離率 -5.92%
NT倍率 10.12
225先物 8,030(21日後場終値比 +160)
TOPIX 795.91(+8.76)

NY市場概況-思惑のなか金融セクターが指数をけん引し、大幅反発
  21日のニューヨーク株式市場は大幅反発。追加の銀行支援策の観測や、景気安定化策の具現化前進などを好感した前日のIBM決算などを好感し、上昇して始まった。しかし、ダウ平均は一時159ドル高の8108.55ドルまで上昇後は前日終値を割り込んだ。

 その後、FRBや政府が株主価値を維持するために銀行へさらに介入してくるのでは思惑が浮上するなか、バンカメやシティなどの金融セクターが上昇し、指数を押し上げた。さらに、次期財務長官候補であるガイトナー氏が数週間以内に景気安定化策を計画すると示していたことも重なり、ダウ平均は午前中の高値を更新すると一段高へ、294ドル高の8243.55ドルまで上昇した。結局、ダウ平均は279ドル高で終了した。一方、S&P金融セクターは14.6%高と急反発した。

 個別ではシティが30%急騰。幹部が自社株買いを実施していたことが明らかになったバンカメは29%急騰した。一方、損失が拡大した決算を発表したAMRは25%急落した。

 終値はダウ平均が前日比279.01ドル高の8228.10ドル、NASDAQ総合株価指数は同66.21ポイント高の1507.07ポイント、S&P500種株価指数は35.02ポイント高の840.24ポイント。

  セクター別 騰落率上位・下位
 <ベスト5>他の各種金融サービス、投資銀行・証券会社、資産運用・資産管理、工業用不動産投信、生命保険・健康保険
 <ワースト5>自動車部品・装置、販売、スーパーマーケット(含大型)、教育サービス、自動車製造
トレーダーズ・ウェブより

本日もザラバは全く見ていません。
およよのV字回復。
それにしても為替は要注意ですね。
ドル/円は一時87.10円まで円高に進み、1995年7月以来、約13年半ぶりの高値水準となりました。
ポンド/円は連日記録更新中。どこまで落ちるのやら・・・。
09.1.22 225mini5分足チャート

【本日の先物取引情報 1月22日分 】
証券会社名225 SELL 225 BUY 225 NET TOPIX SELLTOPIX BUY TOPIX NET
JPモルガン 37506337258736893517-172
日興シティ 817305922424004000
BNPパリバ 228342922009132313252
大和SM 32234943172083619901154
UBS 1082812370154235603150-410
ドイツ 7850849564517812242461
藍澤 18111950139


水戸 18391933949579570
安藤 41674223567337330
岡三


14721405-67
光世


0600600
のぞみ


899896-3
リテラクレア


129112910
SMBCフ


0593593
そしあす


8518510
野村 38083807-126432964321
三菱UFJ 54685447-21961867-94
楽天 13341231-103


SBI 25942380-214


バークレイズ 31252849-276170129621261
松井 18611505-356


ドレスナー 73527-708


Cスイス 23081351-9571003852-151
ゴールドマン 53684261-110740463053-993
メリルリンチ 41863076-11106040-604
モルガンS 42633151-11121329140475
みずほ 12474-124310470-1047
ニューエッジ 2144018999-244166826907225


【マーケット・プロファイル 1月22日分】
MODE 7980 上限 7990 下限 7870
(●)MODE (>)寄値  (<)終値  (*)VAの上・下線
8050 I
8040 I
8030 i<
8020 I
8010 HI
8000 AHI
7990 >aGHI *
7980 AFGHI ●
7970 AFGHI
7960 AFGHI
7950 AFG
7940 AFG
7930 AFG
7920 AF
7910 ABEF
7900 ABEF
7890 ABDEF
7880 ABDEF
7870 BDEF *
7860 BCDF
7850 BCD
7840 BCD
7830 BCD
7820 C
7810 C
7800 C
↓応援していただけると嬉しいです♪
人気blogランキングへ クリックで1票♪

オバマ米大統領、就任演説全文 

    2009/01/21(水)
      
オバマ米大統領、就任演説全文(英文)

 My fellow citizens:
 (危機への決意)

 I stand here today humbled by the task before us, grateful for the trust you have bestowed, mindful of the sacrifices borne by our ancestors. I thank President Bush for his service to our nation, as well as the generosity and cooperation he has shown throughout this transition.
 (市民の皆さん。私は今日、我々の前にある職務に対して厳粛な気持ちを抱き、あなた方から与えられた信頼に感謝し、我々の祖先が支払った犠牲を心に留めながら、ここに立っている。私は、ブッシュ大統領の我が国への奉仕、並びに大統領がこの政権移行期間に示した寛容さと協力に感謝する。)

 Forty-four Americans have now taken the presidential oath. The words have been spoken during rising tides of prosperity and the still waters of peace. Yet, every so often the oath is taken amidst gathering clouds and raging storms. At these moments, America has carried on not simply because of the skill or vision of those in high office, but because We the People have remained faithful to the ideals of our forbearers, and true to our founding documents.
 (これで44人の米国人が大統領就任宣誓を行った。宣誓は、繁栄の高まりのときや、平和で静かなときに行われたこともあった。しかし、しばしば、宣誓は、暗雲が垂れこめるときや荒れ狂う嵐のときに行われた。こうした時、米国は、指導者たちの技量や理念だけに頼ることなく、我々人民が祖先の理想に忠実で、建国の文言に正直であることによって、乗り切ってきた。)

 So it has been. So it must be with this generation of Americans.
 (ずっとそうやってきた。この世代の米国人も同様にしなければならない。)

 That we are in the midst of crisis is now well understood. Our nation is at war, against a far-reaching network of violence and hatred. Our economy is badly weakened, a consequence of greed and irresponsibility on the part of some, but also our collective failure to make hard choices and prepare the nation for a new age. Homes have been lost; jobs shed; businesses shuttered. Our health care is too costly; our schools fail too many; and each day brings further evidence that the ways we use energy strengthen our adversaries and threaten our planet.
 (我々が危機の最中にいることは、現在では明白だ。我々の国家は、暴力と憎悪の広範なネットワークを相手に戦争を行っている。我々の経済は、ひどく弱体化している。一部の者の強欲と無責任の結果であるだけでなく、厳しい決断をすることなく、国家を新しい時代に適合させそこなった我々全員の失敗の結果である。家は失われ、職はなくなり、ビジネスは台無しになった。我々の健康保険制度は金がかかり過ぎる。荒廃している我々の学校はあまりにも多い。さらに、我々のエネルギーの消費のしかたが、我々の敵を強化し、我々の惑星を脅かしているという証拠が、日増しに増え続けている。)

 These are the indicators of crisis, subject to data and statistics. Less measurable but no less profound is a sapping of confidence across our land - a nagging fear that America's decline is inevitable, and that the next generation must lower its sights.
 (これらは、データと統計に基づく危機の指標だ。予測は困難だが、間違いなく深刻なのは、我々の国土に広がる自信の喪失や、米国の凋落(ちょうらく)は避けがたく、次の世代はうなだれて過ごさなければならないというぬぐいがたい恐怖だ。)

 Today I say to you that the challenges we face are real. They are serious and they are many. They will not be met easily or in a short span of time. But know this, America - they will be met.
 (今日、私はあなた方に告げる。我々が直面している試練は本物だ。試練は深刻で数多い。試練は容易に、または、短い時間で対処できるものではない。しかし、米国よ、わかってほしい。これらの試練は対処されるだろう。)

 On this day, we gather because we have chosen hope over fear, unity of purpose over conflict and discord.
 (この日、我々は、恐怖ではなく希望を、紛争と不一致ではなく目標の共有を選んだため、ここに集った。)

 On this day, we come to proclaim an end to the petty grievances and false promises, the recriminations and worn out dogmas, that for far too long have strangled our politics.
 (この日、我々は、我々の政治をあまりにも長い間阻害してきた、ささいな不満や偽りの約束、非難や言い古された定説を終わらせることを宣言する。)

 We remain a young nation, but in the words of Scripture, the time has come to set aside childish things. The time has come to reaffirm our enduring spirit; to choose our better history; to carry forward that precious gift, that noble idea, passed on from generation to generation: the God-given promise that all are equal, all are free, and all deserve a chance to pursue their full measure of happiness.
 (我々の国はまだ若いが、聖書の言葉には、子どもじみたことをやめるときが来たとある。我々の忍耐に富んだ精神を再確認し、より良い歴史を選び、貴重な才能と、世代から世代へと引き継がれてきた尊い考えを発展させるときが来た。尊い考えというのは、すべての人は平等で、自由で、あらゆる手段により幸福を追求する機会を与えられるという、神からの約束のことである。)

 In reaffirming the greatness of our nation, we understand that greatness is never a given. It must be earned. Our journey has never been one of short-cuts or settling for less. It has not been the path for the faint-hearted - for those who prefer leisure over work, or seek only the pleasures of riches and fame. Rather, it has been the risk-takers, the doers, the makers of things - some celebrated but more often men and women obscure in their labor, who have carried us up the long, rugged path towards prosperity and freedom.
 (我々の国の偉大さを再確認するとき、我々は、偉大さが決して与えられたものではないことに気づく。それは勝ち取らなければならないのだ。我々の旅は、近道でも安易なものでもなかった。我々の旅には、仕事より娯楽を好み、富と名声の喜びだけを望むような、臆病者のための道筋はなかった。むしろ、我々の旅は、危機に立ち向かう者、仕事をする者、創造をしようとする者のためのものだ。それらの人々は、著名な人たちというより、しばしば、無名の働く男女で、長い、でこぼこした道を繁栄と自由を目指し、我々を導いてきた人々だ。)

 For us, they packed up their few worldly possessions and traveled across oceans in search of a new life.
 (我々のために、彼らは、わずかな財産をまとめ、新たな生活を求めて大洋を旅した。)

 For us, they toiled in sweatshops and settled the West; endured the lash of the whip and plowed the hard earth.
 (我々のために、彼らは、劣悪な条件でせっせと働き、西部に移住し、むち打ちに耐えながら、硬い大地を耕した。)

 For us, they fought and died, in places like Concord and Gettysburg; Normandy and Khe Sahn.
 (我々のために、彼らは、(独立戦争の戦場)コンコードや(南北戦争の)ゲティスバーグ、(第2次大戦の)ノルマンディーや(ベトナム戦争の)ケサンのような場所で戦い、死んだ。)

 Time and again these men and women struggled and sacrificed and worked till their hands were raw so that we might live a better life. They saw America as bigger than the sum of our individual ambitions; greater than all the differences of birth or wealth or faction.
 (しばしば、これらの男女は、我々がより良い生活を送れるように、手の皮がすりむけるまで、もがき、犠牲になり、働いた。彼らは米国を、個人の野望を合わせたものより大きく、生まれや富や党派のすべての違いを超えるほど、偉大であると考えていた。)

 This is the journey we continue today. We remain the most prosperous, powerful nation on Earth. Our workers are no less productive than when this crisis began. Our minds are no less inventive, our goods and services no less needed than they were last week or last month or last year. Our capacity remains undiminished. But our time of standing pat, of protecting narrow interests and putting off unpleasant decisions - that time has surely passed. Starting today, we must pick ourselves up, dust ourselves off, and begin again the work of remaking America.
 (これが今日、我々が続けている旅なのだ。米国は依然として地球上で最も繁栄し、力強い国だ。我々の労働者は今回危機が始まった時と同様、生産性は高い。我々は相変わらず創意に富み、我々が生み出す財やサービスは先週や先月、昨年と同様、必要とされている。能力も衰えていない。しかし、同じ手を用いるだけで、狭い利益にこだわり、面倒な決定を先送りする、そんな時代は確実に終わった。今日から我々は立ち上がり、ほこりを払って、米国再生の仕事に着手しなければならない。)

 For everywhere we look, there is work to be done. The state of the economy calls for action, bold and swift, and we will act - not only to create new jobs, but to lay a new foundation for growth. We will build the roads and bridges, the electric grids and digital lines that feed our commerce and bind us together. We will restore science to its rightful place, and wield technology's wonders to raise health care's quality and lower its cost. We will harness the sun and the winds and the soil to fuel our cars and run our factories. And we will transform our schools and colleges and universities to meet the demands of a new age. All this we can do. And all this we will do.
 (なすべき仕事は至る所にある。米国経済は、大胆かつ迅速な行動を求めている。そして我々は新規の雇用創出のみならず、新たな成長の礎を整えることができる。道路や橋を造り、電線やデジタル通信網を敷き、商業を支え、我々を一つに結び付ける。科学を本来あるべき地位に戻し、医療の質を引き上げながら、そのコストは減らす。太陽、風や土壌を利用して自動車を動かし、工場を動かす。新時代の要請に合うよう学校や単科大、大学を変えていく。我々はすべてのことを成し遂げられるし、行っていく。)

 Now, there are some who question the scale of our ambitions - who suggest that our system cannot tolerate too many big plans. Their memories are short. For they have forgotten what this country has already done; what free men and women can achieve when imagination is joined to common purpose, and necessity to courage.
 (我々の野望の大きさについて疑念を抱く人がいる。我々のシステムは多くの大きな計画に耐えられないと指摘する人もいる。だが、彼らは忘れている。彼らはこの国が何を成し遂げたかを忘れている。想像力が共通の目的と出合った時、必要が勇気と結びついた時、自由な男女が何を達成できるかを忘れているのだ。)

 What the cynics fail to understand is that the ground has shifted beneath them - that the stale political arguments that have consumed us for so long no longer apply. The question we ask today is not whether our government is too big or too small, but whether it works - whether it helps families find jobs at a decent wage, care they can afford, a retirement that is dignified. Where the answer is yes, we intend to move forward. Where the answer is no, programs will end. And those of us who manage the public's dollars will be held to account - to spend wisely, reform bad habits, and do our business in the light of day - because only then can we restore the vital trust between a people and their government.
 (皮肉屋が理解できないのは、彼らがよって立つ地面が動いたということだ。長い間、我々を疲れさせてきた陳腐な政治議論はもはや通用しない。我々が今日問うべきなのは、政府の大小ではなく、政府が機能するか否かだ。家族が人並みの給与の仕事を見つけたり、負担できる(医療)保険や、立派な退職資金を手に入れることの助けに、政府がなるかどうかだ。答えがイエスの場合は、その施策を前進させる。ノーならば終わりとなる。公的資金を管理する者は適切に支出し、悪弊を改め、誰からも見えるように業務を行う。それによって初めて、国民と政府の間に不可欠な信頼を回復できる。)

 Nor is the question before us whether the market is a force for good or ill. Its power to generate wealth and expand freedom is unmatched, but this crisis has reminded us that without a watchful eye, the market can spin out of control - and that a nation cannot prosper long when it favors only the prosperous. The success of our economy has always depended not just on the size of our Gross Domestic Product, but on the reach of our prosperity; on our ability to extend opportunity to every willing heart - not out of charity, but because it is the surest route to our common good.
 (問うべきなのは、市場の良しあしでもない。富を作り自由を広げる市場の力に比肩するものはない。だが、今回の(経済)危機は、監視がなければ、市場は統制を失い、豊かな者ばかりを優遇する国の繁栄が長続きしないことを我々に気づかせた。我々の経済の成功はいつも、単に国内総生産(GDP)の大きさだけでなく、我々の繁栄が広がる範囲や、機会を求めるすべての人に広げる能力によるものだった。慈善としてではなく、公共の利益に通じる最も確実な道としてだ。)

 As for our common defense, we reject as false the choice between our safety and our ideals. Our Founding Fathers, faced with perils we can scarcely imagine, drafted a charter to assure the rule of law and the rights of man, a charter expanded by the blood of generations. Those ideals still light the world, and we will not give them up for expedience's sake. And so to all other peoples and governments who are watching today, from the grandest capitals to the small village where my father was born: know that America is a friend of each nation and every man, woman, and child who seeks a future of peace and dignity, and that we are ready to lead once more.
 (我々の共通の防衛については、安全と理想とを天秤(てんびん)にかけるという誤った選択を拒否する。我々の想像を超える危機に直面した建国の父たちは、法の支配と国民の権利を保障する憲章を起案した。憲章は、何世代もの犠牲によって拡充された。これらの理想は、今日でも世界を照らしており、我々は都合次第で手放したりはしない。今日(の就任式を)見ている他国の国民や政府ら。巨大都市から私の父が生まれた小さな村まで。米国が平和と尊厳の未来を求めるすべての国々、すべての男女と子供の友人であり、我々がもう一度、指導力を発揮していく用意があると、知ってほしい。)

 Recall that earlier generations faced down fascism and communism not just with missiles and tanks, but with sturdy alliances and enduring convictions. They understood that our power alone cannot protect us, nor does it entitle us to do as we please. Instead, they knew that our power grows through its prudent use; our security emanates from the justness of our cause, the force of our example, the tempering qualities of humility and restraint.
 (前の世代は、ファシズムや共産主義と、ミサイルや戦車だけではなく、強固な同盟と強い信念を持って対峙(たいじ)したことを思い出してほしい。彼らは、我々の力だけでは我々を守れず、好きに振る舞う資格を得たのではないことも理解していた。代わりに、慎重に使うことで力が増すことを理解していた。我々の安全は、大義の正当性や模範を示す力、謙虚さ、自制心からいずるものだ。)

 We are the keepers of this legacy. Guided by these principles once more, we can meet those new threats that demand even greater effort - even greater cooperation and understanding between nations. We will begin to responsibly leave Iraq to its people, and forge a hard-earned peace in Afghanistan. With old friends and former foes, we will work tirelessly to lessen the nuclear threat, and roll back the specter of a warming planet. We will not apologize for our way of life, nor will we waver in its defense, and for those who seek to advance their aims by inducing terror and slaughtering innocents, we say to you now that our spirit is stronger and cannot be broken; you cannot outlast us, and we will defeat you.
 (我々は、この遺産の番人だ。こうした原則にもう一度導かれることで、我々は、一層の努力や、国家間の一層の協力や理解が求められる新たな脅威に立ち向かうことができる。我々は、責任ある形で、イラクをイラク国民に委ね、苦労しながらもアフガニスタンに平和を築き始めるだろう。古くからの友やかつての敵とともに、核の脅威を減らし、地球温暖化を食い止めるためたゆまず努力するだろう。我々は、我々の生き方について謝らないし、それを守ることを躊躇(ちゅうちょ)しない。テロを引き起こし、罪のない人を殺すことで目的の推進を図る人々よ、我々は言う。我々の精神は今、より強固であり、壊すことはできないと。あなたたちは、我々より長く生きることはできない。我々は、あなたたちを打ち破るだろう。)

 For we know that our patchwork heritage is a strength, not a weakness. We are a nation of Christians and Muslims, Jews and Hindus - and non-believers. We are shaped by every language and culture, drawn from every end of this Earth; and because we have tasted the bitter swill of civil war and segregation, and emerged from that dark chapter stronger and more united, we cannot help but believe that the old hatreds shall someday pass; that the lines of tribe shall soon dissolve; that as the world grows smaller, our common humanity shall reveal itself; and that America must play its role in ushering in a new era of peace.
 (我々のつぎはぎ細工の遺産は強みであって、弱みではない。我々は、キリスト教徒やイスラム教徒、ユダヤ教徒、ヒンズー教徒、それに神を信じない人による国家だ。我々は、あらゆる言語や文化で形作られ、地球上のあらゆる場所から集まっている。我々には、南北戦争や人種隔離の苦い経験があり、その暗い時代から出てきて、より強く、より団結するようになった。我々は信じている。古くからある憎しみはいつかなくなり、民族を隔てる線も消えると。世界が小さくなる中で、我々に共通の人間愛が現れることになると。米国が、新しい平和の時代に先駆ける役割を果たさねばならないと。 )

 To the Muslim world, we seek a new way forward, based on mutual interest and mutual respect. To those leaders around the globe who seek to sow conflict, or blame their society's ills on the West - know that your people will judge you on what you can build, not what you destroy. To those who cling to power through corruption and deceit and the silencing of dissent, know that you are on the wrong side of history; but that we will extend a hand if you are willing to unclench your fist.
 (イスラム世界よ、我々は、相互理解と尊敬に基づき、新しく進む道を模索する。紛争の種をまいたり、自分たちの社会の問題を西洋のせいにしたりする世界各地の指導者よ、国民は、あなた方が何を築けるかで判断するのであって、何を破壊するかで判断するのではないことを知るべきだ。腐敗や欺き、さらには異議を唱える人を黙らせることで、権力にしがみつく者よ、あなたたちは、歴史の誤った側にいる。握ったこぶしを開くなら、我々は手をさしのべよう。)

 To the people of poor nations, we pledge to work alongside you to make your farms flourish and let clean waters flow; to nourish starved bodies and feed hungry minds. And to those nations like ours that enjoy relative plenty, we say we can no longer afford indifference to suffering outside our borders; nor can we consume the world's resources without regard to effect. For the world has changed, and we must change with it.

 (貧しい国の人々よ、我々は誓う。農場に作物が実り、きれいな水が流れ、飢えた体に栄養を与え、乾いた心を満たすため、ともに取り組むことを。我々と同じように比較的満たされた国々よ、我々が国境の向こう側の苦悩にもはや無関心でなく、影響を考慮せず世界の資源を消費することもないと言おう。世界は変わった。だから、我々も世界と共に変わらなければならない。)

 As we consider the road that unfolds before us, we remember with humble gratitude those brave Americans who, at this very hour, patrol far-off deserts and distant mountains. They have something to tell us today, just as the fallen heroes who lie in Arlington whisper through the ages. We honor them not only because they are guardians of our liberty, but because they embody the spirit of service; a willingness to find meaning in something greater than themselves. And yet, at this moment - a moment that will define a generation - it is precisely this spirit that must inhabit us all.
   (我々の前に広がる道について考える時、今この瞬間にもはるかかなたの砂漠や遠くの山々をパトロールしている勇敢な米国人たちに、心からの感謝をもって思いをはせる。彼らは、アーリントン(国立墓地)に横たわる亡くなった英雄たちが、時代を超えてささやくように、我々に語りかけてくる。我々は彼らを誇りに思う。それは、彼らが我々の自由を守ってくれているからだけではなく、奉仕の精神、つまり、自分自身よりも大きい何かの中に進んで意味を見いだす意思を体現しているからだ。これこそが時代を決するこの時に、我々すべてが持たねばならない精神だ。)

 For as much as government can do and must do, it is ultimately the faith and determination of the American people upon which this nation relies. It is the kindness to take in a stranger when the levees break, the selflessness of workers who would rather cut their hours than see a friend lose their job which sees us through our darkest hours. It is the firefighter's courage to storm a stairway filled with smoke, but also a parent's willingness to nurture a child, that finally decides our fate.
 (政府はやれること、やらなければならないことをやるが、詰まるところ、わが国がよって立つのは国民の信念と決意である。堤防が決壊した時、見知らぬ人をも助ける親切心であり、暗黒の時に友人が職を失うのを傍観するより、自らの労働時間を削る無私の心である。我々の運命を最終的に決めるのは、煙に覆われた階段を突進する消防士の勇気であり、子どもを育てる親の意思である。)

 Our challenges may be new. The instruments with which we meet them may be new. But those values upon which our success depends - hard work and honesty, courage and fair play, tolerance and curiosity, loyalty and patriotism - these things are old. These things are true. They have been the quiet force of progress throughout our history. What is demanded then is a return to these truths. What is required of us now is a new era of responsibility - a recognition, on the part of every American, that we have duties to ourselves, our nation, and the world, duties that we do not grudgingly accept but rather seize gladly, firm in the knowledge that there is nothing so satisfying to the spirit, so defining of our character, than giving our all to a difficult task.
 (我々の挑戦は新しいものかもしれない。我々がそれに立ち向かう手段も新しいものかもしれない。しかし、我々の成功は、誠実や勤勉、勇気、公正、寛容、好奇心、忠誠心、愛国心といった価値観にかかっている。これらは、昔から変わらぬ真実である。これらは、歴史を通じて進歩を遂げるため静かな力となってきた。必要とされるのは、そうした真実に立ち返ることだ。 いま我々に求められているのは、新しい責任の時代に入ることだ。米国民一人ひとりが自分自身と自国、世界に義務を負うことを認識し、その義務をいやいや引き受けるのではなく喜んで機会をとらえることだ。困難な任務に我々のすべてを与えることこそ、心を満たし、我々の個性を示すのだ。

 This is the price and the promise of citizenship.
 (これが市民の代償であり約束なのだ。)

 This is the source of our confidence - the knowledge that God calls on us to shape an uncertain destiny.
 (これが我々の自信の源なのだ。神が、我々に定かではない運命を形作るよう命じているのだ。)

 This is the meaning of our liberty and our creed - why men and women and children of every race and every faith can join in celebration across this magnificent mall, and why a man whose father less than sixty years ago might not have been served at a local restaurant can now stand before you to take a most sacred oath.
 (これが我々の自由と信条の意味なのだ。なぜ、あらゆる人種や信条の男女、子どもたちが、この立派なモールの至る所で祝典のため集えるのか。そして、なぜ60年足らず前に地元の食堂で食事することを許されなかったかもしれない父親を持つ男が今、最も神聖な宣誓を行うためにあなた方の前に立つことができるのか。)

 So let us mark this day with remembrance, of who we are and how far we have traveled. In the year of America's birth, in the coldest of months, a small band of patriots huddled by dying campfires on the shores of an icy river. The capital was abandoned. The enemy was advancing. The snow was stained with blood. At a moment when the outcome of our revolution was most in doubt, the father of our nation ordered these words be read to the people:
 (だから、我々が誰なのか、どれほど長い旅をしてきたのか、その記憶とともにこの日を祝おう。米国誕生の年、酷寒の中で、愛国者の小さな一団は、氷が覆う川の岸辺で、消えそうなたき火の傍らに身を寄せ合った。首都は見捨てられた。敵は進軍してきた。雪は血で染まった。我々の革命の結末が最も疑わしくなった時、我が国の祖は、この言葉を人々に読むよう命じた。)

 "Let it be told to the future world...that in the depth of winter, when nothing but hope and virtue could survive...that the city and the country, alarmed at one common danger, came forth to meet [it]."
 (「酷寒の中、希望と美徳しか生き残ることができない時、共通の脅威に気づいた町も田舎もそれに立ち向かうために進み出た、と未来の世界で語られるようにしよう」)

 America. In the face of our common dangers, in this winter of our hardship, let us remember these timeless words. With hope and virtue, let us brave once more the icy currents, and endure what storms may come. Let it be said by our children's children that when we were tested we refused to let this journey end, that we did not turn back nor did we falter; and with eyes fixed on the horizon and God's grace upon us, we carried forth that great gift of freedom and delivered it safely to future generations.

 (アメリカよ。我々自身が共通の脅威に直面している時に、我々自身の苦難の冬に、時を超えたこれらの言葉を思い出そう。希望と美徳を抱き、このいてつく流れに再び立ち向かい、どんな嵐が訪れようとも耐えよう。  そして、我々の子孫に言い伝えられるようにしようではないか。我々が試された時、旅を終わらせることを拒み、後戻りすることも、くじけることもなかった、と。そして、地平線と神の慈しみをしっかりと見つめ、自由という偉大な贈り物を運び、未来の世代に無事に届けた、と。)

 Thank you. God bless you and God bless the United States of America.
  (ありがとう。神の祝福が皆さんにあらんことを。そして、神の祝福がアメリカ合衆国にあらんことを。)

( 読売新聞よりhttp://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090121-OYT1T00080.htm) 
↓応援していただけると嬉しいです♪
人気blogランキングへ クリックで1票♪

大イベント通過 

    2009/01/21(水)
      
日経225 7,901.64(-164.15 -2.04%)
東証1部出来高 19億8555万株
売買代金 1兆3671億円
騰落レシオ25 90.53
騰落銘柄数 値下がり1245 値上がり387 変わらず81
225平均25日線乖離率 -7.97%
NT倍率 10.04
225先物 7,870(20日後場終値比-180)
TOPIX 787.15(-17.88)

NY市場概況-オバマ大統領が強い決意を示すも、金融セクターが重しとなり大幅反落
  20日のニューヨーク株式市場は大幅反落。TARP資金や景気刺激策の規模について懸念が浮上するなか、オバマ大統領の就任演説を控え売り優勢の動きとなっていたダウ平均は一時187ドル安の8094.21ドルへ下落した。

 その後、オバマ大統領が就任演説で、「米国再生」について取り組むと発言。また、イラク撤退やイスラム社会との新たな道を構築なども示した。
 しかし、株式市場はオバマ大統領が強い決意を示すなかも下落を続けた。世界的な第二次金融危機を背景に、ステートストリートの予想外の減益決算、さらにバンカメやシティが連日で急落するなか金融セクターが指数を下押し。ダウ平均は一時341ドル安の7939.93ドルまで下落。結局、大引けは332ドル安と8000ドル割れで終了した。一方、S&P金融セクターは16.7%急落した。

 個別ではバンク・オブ・アメリカは29%急落し、シティは20%急落。また、減益決算を発表したステートストリートは59%急落した。一方、取引終了後に決算発表を控えているIBMは3%下落した。

 終値はダウ平均が前日比332.13ドル安の7949.09ドル、NASDAQ総合株価指数は同88.47ポイント安の1440.86ポイント、S&P500種株価指数は44.90ポイント安の805.22ポイント。

  セクター別 騰落率上位・下位
 <ベスト5>金、空港サービス、代替え通信事業会社、カタログ販売、基礎化学品
 <ワースト5>地方銀行、他の各種金融サービス、資産運用・資産管理、銀行、工業用不動産投信
トレーダーズ・ウェブより

オバマ大統領就任式イベントは混乱もなく無事に通過したようですが、NY市場は大幅に下落しました。
ご祝儀相場よりもおねだり相場になっていくのでしょうか・・・。
私は、PCの調子が相変わらず良くなく、起動させるだけでも四苦八苦。
入院させないといけないかなぁ・・・。
おまけにプライベートで超多忙になってしまい、全くザラバを見ることができていません(+_+)
予習、復習もあまりできていないので、しばらくはトレードはお休みになりそうです。
09.1.21 225mini5分足チャート

【本日の先物取引情報 1月21日分 】
証券会社名225 SELL 225 BUY 225 NET TOPIX SELLTOPIX BUY TOPIX NET
BNPパリバ 22505676342663419121278
JPモルガン 55837797221452253744-1481
バークレイズ 2577424116641786699-1087
Cスイス 21123685157315981955357
立花 013661366


三菱UFJ 443347683354077919-3158
みずほ 0138138018081808
岡三 299930636412361346110
松井 157815857


日興シティ 96496402002000
そしあす


8098090
光世


5405444
岩井


0391391
SMBCフ


7917943
のぞみ


5725720
リテラクレア


7477470
藍澤 12691264-55205211
楽天 13591351-8


SBI 15251488-37


メリルリンチ 20581928-1303970-397
モルガンS 14811316-16519111236-675
安藤 27122488-224


大和SM 28342574-2609921497505
UBS 91628480-68222962748452
ドイツ 54394655-7848221347525
ゴールドマン 34192622-79732502886-364
水戸 11340-1134


ニューエッジ 2026417330-2934469560621367
野村 54371708-372937294151422


【マーケット・プロファイル 1月21日分】
MODE 7880 上限 7970 下限 7880
(●)MODE (>)寄値  (<)終値  (*)VAの上・下線
8010 E
8000 EG
7990 EG
7980 EFG
7970 EFG *
7960 EFGH
7950 FGHI
7940 FHI
7930 CHI
7920 CDHI
7910 BCDHI
7900 BCDI
7890 BCDI
7880 ABCDI ●*
7870 ABDi<
7860 AB
7850 AB
7840 AB
7830 AB
7820 A
7810 A
7800 A
7790 >a
7780 A
↓応援していただけると嬉しいです♪
人気blogランキングへ クリックで1票♪

再び8000割れるも下髭に 

    2009/01/20(火)
      
日経225 8,065.79(-191.06 -2.31%)
東証1部出来高  17億2997万株
売買代金 1兆1684億円
騰落レシオ25 97.15
騰落銘柄数 値下がり1332 値上がり295 変わらず85
225平均25日線乖離率 -6.39%
NT倍率 10.02
225先物 8,050(19日後場終値比-200)
TOPIX 805.03(-12.70)

NY市場概況-続伸も、金融セクターはまだ危機のなかにあるとの懸念が残る
  16日のニューヨーク株式市場は続伸。金融セクターはまだ危機のなかにあるとの懸念は残るものの、センチメントは一部改善した。シティの第4四半期決算は83億ドルの赤字となり、事業を2分割にする計画を示した。一方、バンク・オブ・アメリカの第4四半期は17年ぶりとなる18億ドルの赤字となった。ただ、バンカメは米政府から緊急融資の合意を得ていることから、市場のセンチメントが一部改善し、ダウ平均は一時128ドル高の8341.20ドルへ上昇した。

 その後、沈静化したかにみえた金融セクターはまだ危機のなかにあるとの懸念が残存し、S&P金融セクターは下落、ダウ平均への重しとなった。売りへ転落したダウ平均は一時103ドル安の8109.34ドルまで下落。
 sしかし、午後になると、政府がクライスラー子会社へ15億ドルの融資を実施することが明らかになったことをきっかけに再び買い優勢となり、ダウ平均は結局、68ドル高で終了した。一方、週足では主要な株価指数は2週続落した。

 個別では、追加の資金援助を受けることが明らかになったバンク・オブ・アメリカは14%の急落。事業を2分割することがあきらかになったシティは9%安。傘下GEキャピタルがリストラを発表したGEは1.4%上昇した。

 終値はダウ平均が前日比68.73ドル高の8281.22ドル、NASDAQ総合株価指数は同17.49ポイント高の1529.33ポイント、S&P500種株価指数は6.38ポイント高の850.12ポイント。

  セクター別 騰落率上位・下位
 <ベスト5>タイヤ・ゴム、工業用不動産投信、コンピューター電子機器、不動産サービス、石油・ガス精製・販売
 <ワースト5>他の各種金融サービス、パーソナル用品、銀行、自動車部品・装置、地方銀行
トレーダーズ・ウェブより

本日はPCトラブルで1日復旧作業をしていました(*_*)
何とか動いてますが、原因がわかっていないのでまたクラッシュしそうで怖いです。
今夜はオバマ大統領の就任式ですね。
どんな演説をするんでしょうね~
09.1.20 225mini5分足チャート

【本日の先物取引情報 1月20日分 】
証券会社名225 SELL 225 BUY 225 NET TOPIX SELLTOPIX BUY TOPIX NET
BNPパリバ 04565456510951404309
藍澤 016481648


大和SM 37844782998379756391842
日興シティ 54512867415140-514
SBI 17342007273


三菱UFJ 440046522522438627-1811
岡三 2286249721113131219-94
楽天 17871995208


モルガンS 2664286720321301846-284
松井 14731640167


メリルリンチ 239323941


光世


6296367
新光


0448448
リテラクレア


103510350
岩井


4874881
SMBCフ


114411495
のぞみ


5355383
水戸 24252321-104122412240
安藤 25942460-134


JPモルガン 54545253-20138393323-516
野村 34183213-20551002623-2477
立花 16321365-267


バークレイズ 28392541-298651983332
HSBC 4130-413


ドイツ 83557885-47014781239-239
UBS 1089910088-81130792936-143
ゴールドマン 39573069-88823141198-1116
ニューエッジ 1895217317-1635421062001990
みずほ 2356497-18592333783355
Cスイス 3908250-36582002848-1154


【マーケット・プロファイル 1月20日分】
MODE 8020 上限 8060 下限 7970
(●)MODE (>)寄値  (<)終値  (*)VAの上・下線
8160 A
8150 A
8140 >a
8130 A
8120 A
8110 A
8100 A
8090 AI
8080 AI
8070 ABI
8060 ABI *
8050 Bi<
8040 BFI
8030 BEFGHI
8020 BCEFGHI ●
8010 BCEFGH
8000 BCDEFGH
7990 BCDEH
7980 BCDEH
7970 BCD *
7960 BD
7950 D
↓応援していただけると嬉しいです♪
人気blogランキングへ クリックで1票♪

大イベントを控えるもNY休場で閑散相場 

    2009/01/19(月)
      
日経225 8,256.85(+26.70 +0.32%)
東証1部出来高 14億9889万株
売買代金 9875億円(昨年12月29日以来の1兆円割れ)
騰落レシオ25 102.60
騰落銘柄数 値上がり778 値下がり806 変わらず129
225平均25日線乖離率 -4.32%
NT倍率 10.10 
225先物 8,250(+10)
TOPIX 817.73(-0.16)

NY市場概況-続伸も、金融セクターはまだ危機のなかにあるとの懸念が残る
  16日のニューヨーク株式市場は続伸。金融セクターはまだ危機のなかにあるとの懸念は残るものの、センチメントは一部改善した。シティの第4四半期決算は83億ドルの赤字となり、事業を2分割にする計画を示した。一方、バンク・オブ・アメリカの第4四半期は17年ぶりとなる18億ドルの赤字となった。ただ、バンカメは米政府から緊急融資の合意を得ていることから、市場のセンチメントが一部改善し、ダウ平均は一時128ドル高の8341.20ドルへ上昇した。

 その後、沈静化したかにみえた金融セクターはまだ危機のなかにあるとの懸念が残存し、S&P金融セクターは下落、ダウ平均への重しとなった。売りへ転落したダウ平均は一時103ドル安の8109.34ドルまで下落。
 sしかし、午後になると、政府がクライスラー子会社へ15億ドルの融資を実施することが明らかになったことをきっかけに再び買い優勢となり、ダウ平均は結局、68ドル高で終了した。一方、週足では主要な株価指数は2週続落した。

 個別では、追加の資金援助を受けることが明らかになったバンク・オブ・アメリカは14%の急落。事業を2分割することがあきらかになったシティは9%安。傘下GEキャピタルがリストラを発表したGEは1.4%上昇した。

 終値はダウ平均が前日比68.73ドル高の8281.22ドル、NASDAQ総合株価指数は同17.49ポイント高の1529.33ポイント、S&P500種株価指数は6.38ポイント高の850.12ポイント。

  セクター別 騰落率上位・下位
 <ベスト5>タイヤ・ゴム、工業用不動産投信、コンピューター電子機器、不動産サービス、石油・ガス精製・販売
 <ワースト5>他の各種金融サービス、パーソナル用品、銀行、自動車部品・装置、地方銀行
トレーダーズ・ウェブより

今夜のNY市場は休場。
オバマ大統領就任式を控え閑散相場でした。
前場は見られなかったので後場少しだけ参戦しました。
[前場トレード]
なし
[後場トレード]
8250ショート→8230買い戻し
8245ロング→同値決済
09.1.19 225mini5分足チャート

【本日の先物取引情報 1月19日分 】
証券会社名225 SELL 225 BUY 225 NET TOPIX SELLTOPIX BUY TOPIX NET
BNPパリバ 77527842009957733-224
ドイツ 27574725196814441608164
三菱UFJ 16522556904992437-555
モルガンS 1691252583416912055364
トレイダーズ 0624624


ニューエッジ 109131117326049993367-1632
UBS 6585672013519192166247
藍澤 769873104


JPモルガン 396640488225002698198
安藤 962103977


松井 944101975


そしあす


2792790
日興シティ 3003000


水戸 985985065467925
のぞみ


6966960
リテラクレア


135913590
SMBCフ


496473-23
ウツミ屋


2942940
ひまわり


3883935
オリックス 671670-1


楽天 816807-9


SBI 14751397-78


岡三 28312670-16111931401208
バークレイズ 18181639-1798210-821
ドレスナー 4000-400


Cスイス 791123-6688101676866
みずほ 7410-741110-11
野村 19301063-86727403499759
メリルリンチ 996105-8910467467
ゴールドマン 27061554-11527481071323
大和SM 40941523-2571623366-257


【マーケット・プロファイル 1月19日分】
MODE 8260 上限 8290 下限 8230
(●)MODE (>)寄値  (<)終値  (*)VAの上・下線
8340 A
8330 >a
8320 A
8310 ABC
8300 ABC
8290 ABCD *
8280 ABCD
8270 BCDHI
8260 CDEFGHI ●
8250 EFGHi<
8240 EFGHI
8230 EFGH *
8220 EF
8210 F
↓応援していただけると嬉しいです♪
人気blogランキングへ クリックで1票♪

自立反発かな。 

    2009/01/16(金)
      
日経225 8,230.15(+206.84 +2.58%)
東証1部出来高 19億2336万株
売買代金 1兆3233億円
騰落レシオ25 109.21
騰落銘柄数 値上がり1396 値下がり243 変わらず75
225平均25日線乖離率 -4.66%
NT倍率 10.06
225先物 8,240(15日後場終値比+200)
TOPIX 817.89(+21.90)

NY市場概況-反発 政府の追加融資観測をきっかけに切り返す
  15日のニューヨーク株式市場は反発。リセッション加速が懸念されたものの、金融機関の追加救済が明らかになったことを好感した。寄付き前に発表されたJPモルガンの2008年10-12月期決算は76%の減益となったものの、予想を上回った。ただ、新規失業保険申請件数が予想より悪化したため、リセッションが加速していることを嫌気し、ダウ平均は売り優勢で始まった。

 その後、メリル買収完了に困難を極めているとの観測がでているバンカメが一時28%安となるなど金融業界の資本不足を懸念し、一時205ドル安の7995.13ドルへ下落。昨年11月以来の8000ドル割れとなった。

 しかし、「バンカメがTARPから150億ドルの追加援助を受ける」(市場関係者)との観測やシティが国有化されるとの話が伝わるとダウ平均は86ドル高の828616ドルまで切り返した。一旦は前日安値を再び割り込んだものの、結局12ドル高で終了した。

 個別では、追加の資金援助を受けるとの観測が出たバンク・オブ・アメリカは18%急落。減益決算を発表したJPモルガンは6%安、国有化の噂を否定したシティは15%急落となった。

 終値はダウ平均が前日比12.35ドル高の8212.49ドル、NASDAQ総合株価指数は同22.20ポイント高の1511.84ポイント、S&P500種株価指数は1.12ポイント高の843.74ポイント。

  セクター別 騰落率上位・下位
 <ベスト5>電子部品、工業用不動産投信、教育サービス、インターネット販売、ライフサイエンス・ツール/サービス
 <ワースト5>銀行、他の各種金融サービス、地方銀行、専門金融、商業印刷
トレーダーズ・ウェブより

NYダウは一時8000ドルを割れましたがそこからは怒濤の戻りでプラ転へ。
今日の日経も後場14時ころからは踏み上げに。
私は後場は出かけていたので前場少し参戦しただけでした。
週明けNY市場は休場。
20日はオバマ大統領の就任式です。
今夜のNYも荒れるのかな。
今週もお疲れ様でした。
良い週末をお過ごしください。
[前場トレード]
8125ショート→8100買い戻し
[後場トレード]
無し
09.1.16 225mini5分足チャート

【本日の先物取引情報 1月16日分 】
証券会社名225 SELL 225 BUY 225 NET TOPIX SELLTOPIX BUY TOPIX NET
BNPパリバ 38597828396922131795-418
三菱UFJ 166644192753137944873108
モルガンS 40156279226425192449-70
ゴールドマン 31634648148529751642-1333
藍澤 012831283


カブドットコム 012521252


ドイツ 59757031105618081926118
メリルリンチ 21242706582


UBS 145311493940835133785272
岡三 2766302525915541459-95
安藤 33753484109613600-13
水戸 267527174210911066-25
のぞみ


7167160
リテラクレア


174117410
光世


778770-8
SMBCフ


835831-4
そしあす


7937930
日興シティ 357192-165


楽天 21151944-171


バークレイズ 23212057-2641062980-82
松井 17031421-282


SBI 29252620-305


大和SM 28352470-36520091954-55
JPモルガン 73336861-472418757011514
ドレスナー 10160-1016


みずほ 14110-14113290-329
Cスイス 22980-229835642149-1415
ニューエッジ 2186818759-310999136031-3882
野村 90944085-5009298860233035


【マーケット・プロファイル 1月16日分】
MODE 8170 上限 8190 下限 8110
(●)MODE (>)寄値  (<)終値  (*)VAの上・下線
8290 I
8280 I
8270 I
8260 HI
8250 HI
8240 Hi<
8230 HI
8220 HI
8210 HI
8200 H
8190 CGH *
8180 CDEGH
8170 ACDEFGH ●
8160 ACDEFGH
8150 ACDEFG
8140 >aCDEFG
8130 ABCDEF
8120 ABCDEF
8110 ABCD *
8100 AB
8090 B
8080 B
8070 B
8060 B
↓応援していただけると嬉しいです♪
人気blogランキングへ クリックで1票♪

1月15日データ 

    2009/01/16(金)
      
日経225 8,023.31(-415.14 -4.92%)
東証1部出来高  21億2556万株
売買代金 1兆4883億円
騰落レシオ25 102.40
  騰落銘柄数 値下がり1234 値上がり405 変わらず74
225平均25日線乖離率 -6.92%
NT倍率 10.08
225先物 8,040(14日後場終値比 -330)
TOPIX 795.99(-23.40)

ちょっとバタバタしておりますので本日はデータだけのアップになります。

NY市場概況-大幅下落 金融セクター再編が進むとの懸念を嫌気
  14日のニューヨーク株式市場は大幅下落。金融業界が縮小するとの観測や個人消費の支出が低迷していることが嫌気された。ドイツ銀行が第4四半期で赤字計上する見通しを発表、ティファニーが消費者の支出が低下していることを警告。さらに小売売上高の結果が予想を下回ったことなどを嫌気し、ダウ平均は売り優勢で始まった。

 その後、シティが決算発表を前倒しすると発表していたことから、「数十億ドルの赤字を計上する可能性がある」(市場関係者)との観測が浮上。さらに総合金融企業のシティグループが解体する方向で動いているとの見方が強まり、金融業界が縮小するとの懸念から、S&P金融セクターが大幅下落。また、ベージュブックで「米国経済はすべての地区で一段と悪化」との報告も重なり、ダウ平均は一段安へ。午前中の安値を抜け307ドル安の8140.72ドルまで下落。結局、ダウ平均は248ドル安で終了した。

 個別では、資産を「グッドバンク」と「バッドバンク」に振り分けるとの観測が浮上したシティは23%急落。赤字決算の可能性を指摘されたバンカメは4%下落。赤字見通しを発表したドイツ銀行は9%下落となった。

 終値はダウ平均が前日比248.42ドル安の8200.14ドル、NASDAQ総合株価指数は同56.82ポイント安の1489.64ポイント、S&P500種株価指数は29.17ポイント安の842.62ポイント。

  セクター別 騰落率上位・下位
 <ベスト5>ヘルスケアサービス、空港サービス、代替通信事業会社、カタログ販売、基礎化学品
 <ワースト5>農産物、各種金属・鉱業、工業用不動産、不動産サービス、石炭・消耗燃料
トレーダーズ・ウェブより

09.1.15 225mini5分足チャート

【本日の先物取引情報 1月15日分 】
証券会社名225 SELL 225 BUY 225 NET TOPIX SELLTOPIX BUY TOPIX NET
BNPパリバ 1006063596341883192-996
ゴールドマン 46896394170521942117-77
野村 38805011113130051768-1237
モルガンS 4314531199740674195128
三菱UFJ 19052855950214637411595
JPモルガン 76388190552455969882429
ドイツ 8034857053656482606-3042
岡三 2194242823416121402-210
藍澤 20952170750513513
Cスイス 297030003029492168-781
SBI 2772280028


日興シティ 38538941713171300
SMBCフ


12971287-10
のぞみ


6566560
リテラクレア


221222120
光世


923909-14
そしあす


7657650
水戸 20832058-25562547-15
松井 16931621-72


楽天 18311743-88


安藤 32062985-221


バークレイズ 29482561-387898836-62
UBS 1265612200-45642773971-306
ドレスナー 4940-494


メリルリンチ 27982064-7345340-534
ニューエッジ 2169420695-99972797924645
大和SM 47513632-111924193266847
みずほ 8198247-795112245-77


【マーケット・プロファイル 1月15日分】
MODE 8040 上限 8100 下限 8030
(●)MODE (>)寄値  (<)終値  (*)VAの上・下線
8160 D
8150 CD
8140 CD
8130 CD
8120 CD
8110 ABCD
8100 ABCDEH *
8090 ABCDEH
8080 ABCDEHI
8070 ABCEGHI
8060 ABCEGHI
8050 ABEFGHI
8040 ABEFGHi< ●
8030 >aEFGI *
8020 EFGI
8010 EFGI
8000 FI
7990 FI
↓応援していただけると嬉しいです♪
人気blogランキングへ クリックで1票♪

昨日と似たような位置と足に。 

    2009/01/15(木)
      
日経225 8438.45(+24.54 +0.29%)
東証1部出来高 17億9460万株
売買代金 1兆2420億円
騰落レシオ25 105.16
騰落銘柄数 値上がり998 値下がり586 横ばい130
225平均25日線乖離率 -2.06%
NT倍率 10.30
225先物 8,370(13日後場終値比±0)
TOPIX 819.39(+5.27)

NY市場概況-まちまち 決算シーズンを迎え、見極めムードが強まる
  13日のニューヨーク株式市場はまちまち。注目された米連邦準備制度理事会(FRB)議長の発言では金融システムを安定化するために強力な措置を実施し、銀行へさらに資本注入の必要性があるとの認識を示したことを好感したことや、4日続落による買い戻しなどを受け、ダウ平均は一時48ドル高の8522.08ドルまで上昇し、買い優勢で推移していた。
 午後になり、堅調に推移していたダウ平均はだれ始め、売りへ転落。一時97ドル安の8376.88ドルへ。決算シーズンが始まったこともあり、業績ガイダンスや決算発表を見極めようと、市場では手控えムードが強まった。結局、ダウ平均の大引けは25ドル安で終了した。一方、NASDAQ総合株価指数は小幅反発で終了した。

 個別ではバークレイズが業績予想を引き下げたGEは5.6%安。一部事業の売却が合意に達したAIGは2%高。事業再編の発表をすると報道されたシティーは5%高となった。

 終値はダウ平均が前日比25.41ドル安の8448.56ドル、NASDAQ総合株価指数は同7.67ポイント高の1546.46ポイント、S&P500種株価指数は1.50ポイント高の871.77ポイント。

  セクター別 騰落率上位・下位
 <ベスト5>不動産サービス、上場技術コンサルティング、ライフサイエンス・ツール/サービス、住宅不動産投信、石炭・消耗燃料
 <ワースト5>電子部品、タイヤ・ゴム、教育サービス、自動車製造、アルミ
トレーダーズ・ウェブより

今日は前場は所用のため後場少しだけ参戦しましたが、ちょっと焦って早く入り過ぎました。
[前場トレード]
なし
[後場トレード]
8460ロング→8445ロスカット
09.1.14 225mini5分足チャート

【本日の先物取引情報 1月14日分 】
証券会社名225 SELL 225 BUY 225 NET TOPIX SELLTOPIX BUY TOPIX NET
ニューエッジ 1146913503203464754844-1631
三菱UFJ 2784394811648171314497
マネックス 0957957


SBI 20992848749


ドイツ 5137554040315261723197
モルガンS 3290355126121682132-36
Cスイス 72472401182119412
岡三 234825492011224126541
藍澤 15551736181


ゴールドマン 336534609528741021-1853
安藤 2127218558


HSBC 03636


ドレスナー 01515


バークレイズ 185518701510791651572
水戸 2590259991013102815
のぞみ


8468460
SMBCフ


124612482
みずほ


93220601128
光世


71774124
リテラクレア


231623160
そしあす


7337330
カブドットコム 11361098-38


日興シティ 10731-7657824-554
楽天 15491464-85


JPモルガン 63156061-254353047171187
松井 17721489-283


メリルリンチ 14491011-438


UBS 100059339-66630802994-86
BNPパリバ 2192974-121812521854602
野村 41542696-145822982252-46
大和SM 34571740-17171043741-302


【マーケット・プロファイル 1月14日分】
MODE 8450 上限 8480 下限 8410
(●)MODE (>)寄値  (<)終値  (*)VAの上・下線
8530 E
8520 E
8510 E
8500 EI
8490 DEI
8480 CDEFHI *
8470 CDEFHI
8460 CDEFHI
8450 BCDEFGHI ●
8440 BCEFGHI
8430 ABFGHI
8420 ABFGI
8410 ABI *
8400 ABI
8390 >aBI
8380 ABI
8370 ABi<
8360 A
↓応援していただけると嬉しいです♪
人気blogランキングへ クリックで1票♪

3日続落 

    2009/01/13(火)
      
日経225 8,413.91(-422.89 -4.79%)
東証1部出来高 19億1222万株
売買代金 1兆3164億円
騰落レシオ25 106.90
騰落銘柄数 値下がり1564 値上がり112 変わらず39
225平均25日線乖離率 -2.15%
NT倍率 10.33
225先物 8,370(9日後場終値比-480)
TOPIX 814.12(-40.90)

NY市場概況-決算発表が本格化するなか、金融や素材セクターなどの業績懸念を嫌気
  12日のニューヨーク株式市場は大幅続落。シティーやバンカメなど金融セクターや素材セクターの業績懸念が嫌気された。シティーはモルガンスタンレーと合弁会社で合意した場合に最大で100億ドルの評価益を計上する可能性があるとの報道も、傘下証券会社スミス・バーニーを売却しなければいけないほどの状態との懸念が浮上した。また、バンカメの第4四半期は赤字となり減配する可能性があるとの指摘も嫌気され、序盤のダウ平均はずるずると下値を切り下げた。

 午後になり、一時下げ止まっていたダウ平均は10-12月期決算発表が本格化するなか、再び下げ足を速めた。金融セクターを筆頭に、引け後に決算発表を控えアルコアのような素材セクターなどの業績懸念が指数の重石となり、一時178ドル安の8421.08ドルへ下落。結局、ダウ平均の大引けは125ドル安で終了した。

 個別では赤字決算の指摘を受けたバンカメは12%安。傘下証券会社売却の可能性のあるシティーは17%の急落。一方、CEOが政府へさらなるつなぎ融資を求める可能性があると発言GMは3%高となった。

 終値はダウ平均が前日比125.13ドル安の8474.05ドル、NASDAQ総合株価指数は同32.80ポイント安の1538.79ポイント、S&P500種株価指数は20.09ポイント安の870.26ポイント。

  セクター別 騰落率上位・下位
 <ベスト5>ヘルスケアテクノロジー、教育サービス、放送食品・肉、自動車製造、履物
 <ワースト5>工業用不動産投信、不動産サービス、自動車二輪サービス、タイヤ・ゴム、各種金属・鉱業
トレーダーズ・ウェブより

海外安と円高を受けて大幅GDスタート。
今日は売り目線で参戦しました。
夕場はさらに売られ8200円台に。
いつもながらですが上げる時は牛歩ですが下げる時は早いですね。
25日線を割り込みましたが押し目になるといのですが。。。
[前場トレード]
8515ショート→8510買い戻し
8490ショート→8465買い戻し
[後場トレード]
8460ショート→8435買い戻し
09.1.13 225mini5分足チャート

【本日の先物取引情報 1月13日分 】
証券会社名225 SELL 225 BUY 225 NET TOPIX SELLTOPIX BUY TOPIX NET
野村 25875071248443854273-112
三菱UFJ 1879346615877991151352
ニューエッジ 11813129681155101379333-804
楽天 010011001


松井 13371801464


SBI 18632290427


モルガンS 2447283038341143122-992
安藤 19972147150


ゴールドマン 3631377114030443770726
みずほ


0101101
新光


0520520
リテラクレア


9249240
岩井


4170-417
SMBCフ


1020106949
ウツミ屋


4710-471
そしあす


4980-498
のぞみ


100610060
藍澤 11821169-13


岡三 17321709-231256134993
水戸 20612013-486796790
HSBC 1070-107


日興シティ 623513-110219727508
ドイツ 69576763-1943162884-2278
メリルリンチ 15471293-254766607-159
立花 20691779-290


UBS 68846464-42020872767680
バークレイズ 19821355-6278571028171
Cスイス 23831295-108842591558-2701
BNPパリバ 24431048-1395041884188
大和SM 2419230-21898631261398
JPモルガン 87755908-286741804356176


【マーケット・プロファイル 1月13日分】
MODE 8450 上限 8480 下限 8430
(●)MODE (>)寄値  (<)終値  (*)VAの上・下線
8540 >a
8530 A
8520 A
8510 AE
8500 AE
8490 AEF
8480 ACEFH *
8470 ABCDEFHI
8460 ABCDEFGHI
8450 ABCDEFGHI ●
8440 ABCDGHI
8430 ABCGI *
8420 BCGI
8410 BI
8400 I
8390 I
8380 I
8370 i<
↓応援していただけると嬉しいです♪
人気blogランキングへ クリックで1票♪

1月9日のNY市場概況 

    2009/01/12(月)
      

NY市場概況-大幅下落 1993年1月以来となる失業率の悪化を嫌気
  9日のニューヨーク株式市場は大幅下落。雇用統計の悪化が嫌気され、金融や一般消費財セクターが指数の重しとなった。注目された雇用統計では非農業雇用者数が前回から改善されたことから、ダウ平均は買い優勢で始まった。しかし、失業率が1993年1月以来の水準へ上昇し、中小企業の雇用状況も悪化していることなどから、底打ち確認にはまだ不十分との観測が強まり、151ドル安の8591.37ドルへ下落。

 その後、オバマ次期大統領は雇用統計の結果を受け、景気対策を早急に成立させる必要があると喚起するなか、ボーイングがリストラを実施へ。また、シティの取締役であるルービン元財務長官の退任や、GM傘下GMACの会長も辞任することが明らかになるなど、金融や一般消費財セクターが指数の重石となり軟調な推移を続けた。結局、ダウ平均の大引けは143ドル安と安値圏で終了した。

 個別ではルービン取締役の退任を発表したシティは5.7%安。傘下GMAC会長の辞任を発表したGMは小幅安となった。また、リストラが明らかになったボーイングも小幅安となった。一方、シティとブローカー部門が統合される可能性があると報じられたモルガンスタンレーは1.2%高だった。

 終値はダウ平均が前日比143.28ドル安の8599.18ドル、NASDAQ総合株価指数は同45.42ポイント安の1571.59ポイント、S&P500種株価指数は19.38ポイント安の890.35ポイント。

  セクター別 騰落率上位・下位
 <ベスト5>教育サービス、農産物、販売、ヘルスケア機器、タバコ
 <ワースト5>商業印刷、アパレル・アクセサリー・贅沢品、自動二輪車製造、薬品小売り、店舗用不動産投資信託
トレーダーズ・ウェブより

↓応援していただけると嬉しいです♪
人気blogランキングへ クリックで1票♪

1月限OPSQは幻のSQに 

    2009/01/09(金)
      
日経225 8,836.80(-39.62 -0.45%)
東証1部出来高 18億9468万株
売買代金 1兆3823億円
騰落レシオ25 107.38
騰落銘柄数 値下がり1049 値上がり559 変わらず108
225平均25日線乖離率 +3.03%
NT倍率 10.34
225先物 8,850(8日後場終値比-20)
TOPIX  855.02(-5.87)

NY市場概況-ダウ平均は続落、NASDAQは手元資金が豊富な企業が買われ反発
  8日のニューヨーク株式市場はまちまちとなった。引き続き業績悪化懸念が嫌気されたが、オバマ次期大統領の講演などを受け終盤には下落幅を縮小させた。  オバマ次期大統領が予定している講演内容が明らかになるなか、インテルやタイムワーナーの下方修正に続き、小売大手のウォールマートやメーシーズも下方修正を発表。業績悪化の深刻化を嫌気し、ダウ平均は売り優勢で始まり、序盤一時86ドル安の8683.13ドルへ下落した。

 その後、ダウ平均は50日移動平均線である8677.11ドルを一時下抜けするも、下値を拾う動きが見られ50日線を再び上回った。終盤にかけては、オバマ次期大統領が講演で「中間家庭層の95%を対象に1000ドルの減税を確約」などと発言していたことや、週末の雇用統計を控え買い戻しが強まり、下落幅を縮小させて終了した。一方、NASDAQ総合株価指数はマイクロソフトや手元資金の豊富な企業が買われ反発した。

 個別では業績の下方修正を発表したウォールマートは7.5%の大幅下落、同じくメーシーズは3.4%下落。JPモルガンが投資判断を引き上げたレナーは8%の大幅上昇、一方、引き下げられたプルトホームも2.5%上昇となった。

 終値はダウ平均が前日比27.74ドル安の8742.46ドル、NASDAQ総合株価指数は同17.95ポイント高の1617.01ポイント、S&P500種株価指数は3.08ポイント高の909.73ポイント。

  セクター別 騰落率上位・下位
 <ベスト5>ヘルスケア施設、金、ホームエンターティメント・ソフトウェア、コンピューター記憶装置、住宅建設
 <ワースト5>スーパーマーケット(含大型)、肥料・農薬、パーソナル用品、医療小売り、ライフサイエンス・ツール/サービス
トレーダーズ・ウェブより

本日は1月限オプションSQでした。
SQ値は8961.49円
今日は前場10時半から30分だけしか見れませんでした。
8800ラインを意識して買いましたが戻ったのは後場からでした。
また3連休ですね。
良い週末をお過ごしください。
[前場トレード]
8810ロング→8815売り埋め
[後場トレード]
なし
09.1.9 225mini5分足チャート

【本日の先物取引情報 1月9日分 】
証券会社名225 SELL 225 BUY 225 NET TOPIX SELLTOPIX BUY TOPIX NET
三菱UFJ 307149041833687957270
野村 26504009135929692115-854
メリルリンチ 19814421244


立花 011961196


ゴールドマン 3117356544821842327143
みずほ 03503501452670-782
岡三 149015192998099717
光世


70772013
岩井


4624631
SMBCフ


989106980
リテラクレア


151115110
そしあす


6326320
バークレイズ 10551047-88741015141
水戸 29042884-20129012900
藍澤 22612236-25


マネックス 988922-66


SBI 26262545-81


大和SM 20641978-86978867-111
JPモルガン 69956909-8635204102582
楽天 12301141-89


松井 16261506-120


トレイダーズ 11851053-132


日興シティ 19459-1350452452
UBS 93549090-26429753756781
BNPパリバ 20801575-50595921001141
ドイツ 60205284-73611581751593
Cスイス 127586-11891634830-804
モルガンS 2190551-163913381007-331
ニューエッジ 1390511798-210771536354-799


【マーケット・プロファイル 1月9日分】
MODE 8860 上限 8900 下限 8820
(●)MODE (>)寄値  (<)終値  (*)VAの上・下線
8970 A
8960 A
8950 A
8940 A
8930 >aF
8920 AFG
8910 AFGH
8900 ABFGH *
8890 BEFGH
8880 BEFGH
8870 BEFGHI
8860 BCEGHI ●
8850 BCEHi<
8840 BCEHI
8830 BCDEI
8820 CDEI *
8810 CDE
8800 CD
8790 CD
8780 CD
↓応援していただけると嬉しいです♪
人気blogランキングへ クリックで1票♪

OPSQ前日 

    2009/01/08(木)
      
日経225 8,876.42(-362.82 -3.93%)
東証1部出来高 21億1206万株
売買代金 1兆5004億円
騰落レシオ25 106.10
騰落銘柄数 値下がり1397 値上がり252 変わらず67
225平均25日線乖離率 3.71%
NT倍率 10.31
225先物 8,870(7日後場終値比 -370)
TOPIX 860.89( -27.36)

NY市場概況-大幅反落 インテルの下方修正などを嫌気
  7日のニューヨーク株式市場は大幅反落。経済指標の悪化や業績懸念が嫌気された。米12月ADP雇用統計がコンセンサスより大きく悪化。さらにインテルが第4四半期見通しの下方修正を発表。タイムワーナーが250億ドルの評価損を計上し、収益予想を引き下げしたことなども嫌気され、時間外取引でダウ先物は一時8821ドルへ下落した。寄り付き後のダウ平均は一時167ドル安の8848.55ドルへ、その後は下げ止まり8800ドル台半ばで推移していた。

 午後になると、計画されている景気刺激策の規模の上限について、オバマ次期大統領が「一部で指摘されているほど大きくない」と発言していたことや、米議会予算局が財政赤字は過去最大の1.2兆ドルに達する見通しを示したことから、徐々に下値を切り下げる動きへ。ダウ平均は一時295ドル安の8719.92ドルとなり、結局、安値圏で終了した。

 個別では業績の下方修正を発表したインテルと赤字見通しを示したタイムワーナーはそれぞれ6%下落。一方、前年同期比2倍増益となったモンサントは18%急騰した。

 終値はダウ平均が前日比245.40ドル安の8769.70ドル、NASDAQ総合株価指数は同53.32ポイント安の1599.06ポイント、S&P500種株価指数は28.05ポイント安の906.55ポイント。

  セクター別 騰落率上位・下位
 <ベスト5>肥料・農薬、タイヤ・ゴム、ヘルスケア施設、食品小売り、情報技術コンサルティング
 <ワースト5>自動二輪製造、石炭・消耗燃料、金、アルミ、各種金属・鉱業
トレーダーズ・ウェブより

本日はNY安を受けてGDスタート。
年末に開けていた窓埋めを意識して売りで狙いましたが揺らされてしまいました。
もう少し確信を持てるエントリーを心掛けないと。
窓埋めを完了し8900も割りこみましたが明日のSQはどこで決着させてくるのか・・・。
8500まで持って行ったらびっくりですね。
[前場トレード]
9010ショート→8990買い戻し
[後場トレード]
9000ショート→9015ロスカット
09.1.8 225mini5分足チャート

【本日の先物取引情報 1月8日分 】
証券会社名225 SELL 225 BUY 225 NET TOPIX SELLTOPIX BUY TOPIX NET
大和SM 34874990150365143484-3030
野村 32734737146436972997-700
トレイダーズ 012811281


カブドットコム 0984984


ニューエッジ 12820135207006935104173482
三菱UFJ 222228586360777777
ドレスナー 0300300


SBI 16481944296


メリルリンチ 1322160428287492450
楽天 16021846244


松井 14261669243


藍澤 18251843180436436
HSBC 055


リテラクレア


138313830
岡三


10651001-64
光世


7427497
のぞみ


1096110610
岩井


500499-1
SMBCフ


1307132821
日興シティ 404004780-478
安藤 21712060-111


水戸 29912854-1379019010
みずほ 1500-1503000-300
ドイツ 64786225-25311721358186
BNPパリバ 22821897-38581828962078
JPモルガン 75807135-44541593095-1064
Cスイス 22491777-47227552035-720
UBS 82347746-48830613614553
モルガンS 32501988-12627221029307
立花 14400-1440


ゴールドマン 80046536-146837083528-180
バークレイズ 2957466-249119981325-673


【マーケット・プロファイル 1月8日分】
MODE 8990 上限 9040 下限 8930
(●)MODE (>)寄値  (<)終値  (*)VAの上・下線
9070 A
9060 AD
9050 ABD
9040 ABCD *
9030 ABCD
9020 >aBCDE
9010 ABCDE
9000 ABCEF
8990 ABCEF ●
8980 CEF
8970 CF
8960 FG
8950 FGH
8940 FGHI
8930 FGHI *
8920 FGHI
8910 HI
8900 HI
8890 HI
8880 I
8870 i<
8860 I
↓応援していただけると嬉しいです♪
人気blogランキングへ クリックで1票♪

7日続伸 

    2009/01/07(水)
      
日経225 9,239.24(+158.40 +1.74%)
東証1部出来高 28億787万株
売買代金 2兆243億円
騰落レシオ25 115.42
騰落銘柄数 値上がり995 値下がり620 変わらず96
225平均25日線乖離率 +8.13%
NT倍率 10.40
225先物 9,240(6日後場終値比+170)
TOPIX 888.25(+12.05)

NY市場概況-投資家のリスク許容度も徐々に回復するなか、ダウ平均は反発
  6日のニューヨーク株式市場は反発となった。ISM非製造業景況指数は統計開始以来の低水準が見込まれているが、「悪化は織り込んでいる。」(市場関係者)との声も聞かれるなか、ダウ平均は買い優勢で始まった。

 ISM非製造業指数が予想を上回ると、午前中の高値となる130ドル高の9083.44ドルへ。その後はFOMC議事録の公表を控えていることから、手仕舞い売りに押され前日終値を割り込んだ。  議事録で、「既存の制度を拡大し、新たな制度を創設すべき」などの内容が明らかになると、足元の投資家のリスク許容度が回復していたこともありダウ平均は9088.06ドルへ上昇し、一段高となった。結局、大引けでは上昇幅が縮小し、62ドル高となったものの、9000ドル台を再び回復した。

 個別ではIBM、インテルなどは指数をけん引し、上昇。一方、投資家のリスク許容度が徐々に回復していたことから、ディフェンシブ銘柄であるメルク、ファイザーなどから資金が流出し、それぞれ2%近く下落した。

 終値はダウ平均が前日比62.21ドル高の9015.10ドル、NASDAQ総合株価指数は同24.35ポイント高の1652.38ポイント、S&P500種株価指数は7.25ポイント高の934.70ポイント。

  セクター別 騰落率上位・下位
 <ベスト5>不動産サービス、工業用不動産投信、ヘルスケア施設、ホームエンターティメント・ソフトウェア、半導体製造装置
 <ワースト5>醸造、建設資材、食品小売り、バイオテクノロジー、農産物
トレーダーズ・ウェブより

今日は前場で9300超えを見せました。
日中では75日線を超えて引けましたが、夕場は売られ日中安値を割り込みました。
今日で7日続伸です。
7日続伸は225平均 2006年3月24日~4月3日以来
TOPIX 2005年8月8日~16日以来
09.1.7 225mini5分足チャート

【本日の先物取引情報 1月7日分 】
証券会社名225 SELL 225 BUY 225 NET TOPIX SELLTOPIX BUY TOPIX NET
BNPパリバ 33425347200515591404-155
メリルリンチ 1941709151515878863
ゴールドマン 494664171471310154982397
Cスイス 8802265138536993463-236
ドイツ 8820966284232471741-1506
バークレイズ 164622996532204900-1304
JPモルガン 59126255343272449292205
大和SM 32143538324265052322582
水戸 25672666999039030
岡三 207421709617321646-86
安藤 2749284091


藍澤 1777181235


光世


867855-12
SMBCフ


15281522-6
のぞみ


950945-5
リテラクレア


349534950
そしあす


8628620
SBI 25702489-81


トレイダーズ 13051213-92


楽天 24702376-94


ドレスナー 1000-100


野村 36903537-15375383391-4147
松井 16251455-170


ニューエッジ 1505514628-42776556525-1130
三菱UFJ 44903928-56214751424-51
みずほ 6290-6294590-459
UBS 95818585-99633413531190
モルガンS 46783516-116213302164834
日興シティ 2929114-281515617822


【マーケット・プロファイル 1月7日分】
MODE 9270 上限 9310 下限 9230
(●)MODE (>)寄値  (<)終値  (*)VAの上・下線
9340 BCD
9330 BCD
9320 BCD
9310 BCDI *
9300 BCDI
9290 BCDHI
9280 BDEGHI
9270 BDEFGHI ●
9260 BEFGHI
9250 BEFGHI
9240 ABEFGi<
9230 ABEFGI *
9220 ABEFGI
9210 AE
9200 A
9190 A
9180 A
9170 >a
9160 A
9150 A
9140 A
↓応援していただけると嬉しいです♪
人気blogランキングへ クリックで1票♪

6日続伸 

    2009/01/07(水)
      
日経225 9,080.84(+37.72 +0.42%)
東証1部出来高 21億5656万株
売買代金 1兆4030億円
騰落レシオ25 115.96 
騰落銘柄数 値上がり801 値下がり773 変わらず124
225平均25日線乖離率 +6.71%
NT倍率 10.36
225先物 9,070(±0)
TOPIX 873.00(-4.50)

NY市場概況-反落 利益確定売りや企業ニュースを嫌気
  5日のニューヨーク株式市場は反落となった。オバマ次期大統領が景気刺激策の一環として3000億ドル規模の減税するよう求めていることが明らかになったものの、年末から続伸していたことによる利益の確定売りが先行。序盤のダウ平均は一時120ドル安の8913.71ドルまで下落した。

 その後も先週末終値を下回る水準で推移するなか、携帯電話の申し込み者数の増加ペースが減速するとの思惑を嫌気し、AT&Tやベライゾンが下落。また、ドイツ証券のアナリストがJPモルガンの利益見通しを下方修正したことなどが嫌気され、指数の重しとなっていたことから、142ドル安の8892.36ドルへ一段安。結局、大引けは82ドル安で終了した。

 個別では申し込み者数の鈍化が指摘されたAT&Tは3.4%、ベライゾンは6.2%安。ドイツ証券が利益見通しを下方修正したJPモルガンは6.70%安となった。また、減配の可能性に直面しているとバロンズが指摘したGEは2.6%安だった。

 終値はダウ平均が前日比81.80ドル安の8952.89ドル、NASDAQ総合株価指数は同4.18ポイント安の1628.03ポイント、S&P500種株価指数は4.35ポイント安の927.45ポイント。

  セクター別 騰落率上位・下位
 <ベスト5>住宅建設、石炭・消耗燃料、タイヤ・ゴム、カジノ・ゲーム、事務用電子機器
 <ワースト5>ヘルスケア施設、銀行、ケーブル・衛星テレビ、オフイス不動産投資信託、総合電機通信サービス
トレーダーズ・ウェブより

前場前半は昨日と似たような位置と動きでしたが9:50頃から戻るも10時からはヨコヨコに。
随分ボラは落ち着いてきましたがそれでも落ちる時は速いですね。
09.1.6 225mini5分足チャート

【本日の先物取引情報 1月6日分 】
証券会社名225 SELL 225 BUY 225 NET TOPIX SELLTOPIX BUY TOPIX NET
大和SM 15962994139821391109-1030
バークレイズ 99820761078677792115
モルガンS 1629243680713581245-113
UBS 57686467699253436531119
メリルリンチ 5761211635734934200
ドイツ 5189578359446952278-2417
Cスイス 1469203156275221121360
ニューエッジ 9385989150645355400865
JPモルガン 3759416840946333072-1561
安藤 18341982148


楽天 13251439114


水戸 18011849487427420
藍澤 1215125237


光世


5450-545
SMBCフ


11461141-5
そしあす


5565560
リテラクレア


167816780
SBI 14761467-9


のぞみ 10851070-156466460
HSBC 940-94


岡三 21631980-18312041319115
BNPパリバ 737543-19416421025-617
ゴールドマン 36363439-19734083049-359
松井 15581304-254


みずほ 590271-3190717717
三菱UFJ 44584082-37658464056
野村 36273070-557437754321055
トレイダーズ 9210-921


日興シティ 42660-426611181839721


【マーケット・プロファイル 1月6日分】
MODE 9140 上限 9170 下限 9090
(●)MODE (>)寄値  (<)終値  (*)VAの上・下線
9220 >a
9210 A
9200 A
9190 A
9180 AD
9170 ACDE *
9160 ACDE
9150 ABCDEF
9140 ABCDEF ●
9130 ABEFI
9120 BFI
9110 BFHI
9100 BFGHI
9090 FGHI *
9080 FGHI
9070 FGi<
9060 FGI
9050 FGI
9040 FI
↓応援していただけると嬉しいです♪
人気blogランキングへ クリックで1票♪

2009年大発会 

    2009/01/05(月)
      
日経225 9,043.12(+183.56 +2.07%)
東証1部出来高 11億4659万株
売買代金 7727億円
騰落レシオ25 111.29 
騰落銘柄数 値上がり868 値下がり715 横ばい102
225平均25日線乖離率 +6.70%
NT倍率 10.32
225先物 9,070(30日終値比+240)
TOPIX 875.91(+16.67)

本日の大発会は正月休み中の海外高を受け大幅GUスタートとなりました。
9000円は回復しましたが、11月5日の窓を埋めるかのように売りに押され陰線引けとなりました。
ザラバは見ていましたが今日はトレードなしです。
年末年始恒例だった半日立ち会いも今日で最後です。
本年末からは終日立ち会いとなります。
これも時代の変化のひとつですね。
09.1.5 225mini5分足チャート

【本日の先物取引情報 1月5日分 】
証券会社名225 SELL 225 BUY 225 NET TOPIX SELLTOPIX BUY TOPIX NET
立花 0890890


ニューエッジ 6399705665731602850-310
バークレイズ 06446443343340
ゴールドマン 1700233763736102444-1166
松井 10451595550


トレイダーズ 0549549


ドイツ 2610310349314501193-257
BNPパリバ 6099933846151162547
みずほ 033933929941460-1534
SBI 12201378158


水戸 155016631137767760
楽天 1108118981


カブドットコム 51254634


藍澤 141814235


のぞみ


4914910
リテラクレア


238523850
岩井


3493490
SMBCフ


726643-83
そしあす


6286280
日興シティ


3520-352
安藤 19521949-30357357
岡三 912832-8077082454
Cスイス 27612675-8610661716650
野村 25692178-3917231522799
大和SM 1358857-50161262311
モルガンS 63928-6111273133461
UBS 44383700-73819202090170
JPモルガン 31442335-80925072395-112
メリルリンチ 1652789-863010941094
三菱UFJ 11510-11515095090


【マーケット・プロファイル 1月5日分】
MODE 9070 上限 9150 下限 9030
(●)MODE (>)寄値  (<)終値  (*)VAの上・下線
9240 A
9230 A
9220 >a
9210 A
9200 A
9190 A
9180 A
9170 A
9160 A
9150 A *
9140 A
9130 A
9120 AB
9110 AB
9100 BC
9090 BCD
9080 BCD
9070 BCd< ●
9060 CD
9050 CD
9040 D
9030 D *
9020 D
9010 D
↓応援していただけると嬉しいです♪
人気blogランキングへ クリックで1票♪

謹賀新年 

    2009/01/04(日)
      
新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

年末年始は相場は全く見ることもできず、主婦をしておりました。
トレードも随分休みましたので焦らずゆっくり少しずつ値動きに慣れていきたいと思います。
2008年は大荒れでしたが2009年はどんな年になるんでしょうね。

1月2日のNY市場概況

NY市場概況-年初はニューマネーなどが流入し、ダウ平均は9000ドルを奪回
  2日のニューヨーク株式市場は大幅続伸となった。2009年初の取引となったダウ平均はポジションメイクの動きや、今月、就任を迎えるオバマ新大統領への期待もあり、堅調に推移。序盤は一時42ドル高の8817.89ドルまで上昇した。

 その後発表されたISM製造業景気指数の結果が28年ぶりの低水準だったものの、反応は限定的。マーケットでは低金利のため資金が株式市場へ流入したことに加え、投資家のポートフォリオ・リバランスの動きが続いた。また、「マーケットは今後のリスクを織り込んだようだ。」(市場関係者)との声も聞かれるなか、ダウ平均は289ドル高と心理的節目である9000ドルを突破。結局、258ドル高と、9000ドル台を維持したままで終了した。

 個別では傘下GMACが低金利融資の独占権を放棄したと発表したGMは14%急騰。メリル買収が完了し、資産規模が米最大となったバンカメは2%高となった。原油上昇を好感し、シェブロンやエクソンモービルなどがつれ高となった。

 終値はダウ平均が前日比258.30ドル高の9034.69ドル、NASDAQ総合株価指数は同55.18ポイント高の1632.21ポイント、S&P500種株価指数は28.55ポイント高の931.80ポイント。

  セクター別 騰落率上位・下位
 <ベスト5>石炭・消耗燃料、ヘルスケア施設、カジノゲーム、自動車製造、各種金属・鉱業
 <ワースト5>専門不動産投資信託、住宅用不動産投信、各種不動産投資信託、貯蓄抵当不動産金融、店舗用不動産投信
トレーダーズ・ウェブより

↓応援していただけると嬉しいです♪
人気blogランキングへ クリックで1票♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。