スポンサーサイト 

      
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓応援していただけると嬉しいです♪
人気blogランキングへ クリックで1票♪

順張りと逆張り 

    2006/07/15(土)
      
マーケットの奇術師さまが売り専掲示板で
順張りと逆張りについて投稿されていました。
先日記事にした「相場神聖論と相場人為論」に通ずる考察だと思います。

投稿者:マーケットの奇術師  
投稿日:2000年03月14日(火)13時52分24秒
タイトル:思ったことをつれづれに・・・

なぜ世の中にこんなに追証に苦しむ人が多いのだろうと考えたのですが、
個人の投資家には、評価損が膨らむのを嫌う人と、確定損が膨らむのを嫌う人の2種類の性格というか心理の違いがあるのではないかと。

前者の人にありがちな投資行動のパターンとして、順張り(上がれば強気になって買う、
下がったら弱気になって売る)を好み、評価損が出た株はあっさりと損切ってあきらめてしまう。場合によってはドテンして、有利な側につきたがる。要するに自分の判断に自信が無い。たっぷり利の乗った玉をたくさん抱えていると安心する。
どちらかといえばリスクに敏感で小心、流れに逆らおうとしない大勢順応型。
好きな格言:『相場は相場に聞け』

逆に後者の人は、逆張り(下がっているところで買いたくなり、上がっている株は売ってみたくなる)を好み、ナンピンに抵抗感や不安感がない。どちらかといえば負けず嫌いで、自信があり、しっかりした信念を持っている(ガンコとも言う)。
大底で買うこと、天井で売ることにこだわり、成功すると大喜びする。うまく行ったときの利食いは早いが、早過ぎて一番おいしいところを取り損ねることも多い。
好きな格言:『人の行く裏に道あり花の山』

私は典型的な前者のタイプなので、なかなか気がつかなかったのですが、どうも世の中には後者のタイプの投資家が圧倒的に多いらしい。で、観察してみると、後者のタイプの人は勝率が高く、しかも勝ち方も鮮やかな相場巧者なのですが、意外な大損をすることもしばしばあるようです。
人の性格はなかなか変えることができないものですが、その長所をうまく利用し、短所からくる失敗を避けられればベストなんですけどね。難しいものです (^_^;


なんとなくですが相場神聖論者は順張りが多く、相場人為論者は逆張りが多いって感じがしますね。

もちろんこの手法はデイトレや数日の短期トレードには向かないでしょう。
あくまでも中長期トレード向きですね。

私は中長期で運用できるほどまだまだ上手じゃないので
超短期でセコセコトレードしてます。
まさに「うまく行ったときの利食いは早いが、早過ぎて一番おいしいところを取り損ねることも多い。」
ですね( ̄▽ ̄;)
グングン上がっていく銘柄に思い切ってINできず
結局大きな利益を得るチャンスを指をくわえて見ている事しかできなかったことも多々ありました(;^_^A アセアセ

でもね、上がってる株っていつ暴落するかっていう不安があるので
なかなか買えないんですよね。
下がってる株の反発を狙う方が気分的に楽なんです。

ところが奇術師さまは
『個人的には、上がっている株にはそれなりの理由があって上げているので、安値覚えで逆らって売るよりは、天井打つまで素直に強気で押し目買いでついて行ったほうが確率的には有利だと思っています。『相場は相場に聞け』とも申しますし。』(2000年3月18日投稿より一部抜粋)
とおっしゃってます。

時間軸を長くしてロスカットラインとロットをしっかり管理できれば有利な手法なんでしょうか。
確かにテクニカル重視のトレードに変えてロスカット&利益確定ラインをきちんと決めるようになってからは変な自信みたいなものができて
落ち着いてトレードできるようになりました。

あっ、変な自信っていうのは勝てる自信じゃなくって
この抵抗線を越えたら上げてくるな!とか
この支持線を割ってきたら下げちまうぅぅって判断ですよ。
どっちに動くのかは相変わらず全然わかりませんヨ(^^ヾ

なが~い恐怖の夏休みの間にじっくり考えてみたいと思います。
スポンサーサイト
↓応援していただけると嬉しいです♪
人気blogランキングへ クリックで1票♪

コメント

暑ぃ~

暑いよ~
でも夏大好き

冬よりぜんぜん好き
  • [2006/07/16 12:37]
  • かぶえもん
  • [ 編集 ]
  • このページTOPへ ▲

>かぶえもんさん

私も夏の方が好きですo(*^▽^*)o
寒いのはダメダメですぅ。
でも夏って短いよね(+_+)
  • [2006/07/17 12:40]
  • anny
  • [ 編集 ]
  • このページTOPへ ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

管理人が不適切と認めたトラックバックは許可無く削除する場合があります。
この記事のトラックバックURL
http://annys.blog10.fc2.com/tb.php/466-fe00c77b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。