スポンサーサイト 

      
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓応援していただけると嬉しいです♪
人気blogランキングへ クリックで1票♪

相場の美学さま格言 

    2007/12/23(日)
      
ブログ「相場の美学」さまより抜粋させていただきました。

○躊躇無くLC出来る所から始まる。

○短期の銘柄選別を行う場合の基本は、
 上昇トレンドにつく。
 下降トレンドの安値は無視。

○確信の無いときは見送る。

○努力したものが報われる。相場が始まるまでに勝負は決まる。

○トレードをする際に必要以上に怖がる必要はない。
 買う、あるいは売るというエントリーをした後は考えることはいらない。
 場中に考えないというのは感情を持ち込まないということ。

○相場が始まる前に十分に準備し備えれば、常に冷静に相場と対峙することができる。

○市場に感情を持ち込まない。

○勝負ごとは、どんな事であれ、事前に備えるという準備段階で90%は勝ち負けが決まる。

○場中に、みんな考えるから、逆に逆に動く。

○チャンスは何度でもある。

○チャンスは平等に訪れる。生かせるかは自分しだい。

○最安値で買う必要もなければ最高値で売る必要もない。

○無理に支えた市場は脆い。されど、相場はこの下落を経て育つ。
 減損処理を終えた東証1部の企業業績は底堅い。

○相場は、人の感情が入る以上短期的には常に間違う。
 この間違いが起きる時間帯を利用する。

○指数や個別銘柄においても、 下値を作る時間帯から守る時間帯を経て、
 放れる時間帯に突入する。

○トレンドは1日で作ることは不可能 。

○大事なことは、下値を守っていること。

○待つは仁、向かうは勇。

○225など指数は心理的なポイントの見極めが重要であり、
 個別銘柄は、需給動向のみに注視しなければならない。

○市場は血を流すことなど望んでいない。
 いつでも危険信号を幾度となく発している。
 見逃す方に問題がある。

○精神的にきつい状況を作らないようにしていけば、閃きもさえる。

○我慢できる局面のとき、投資家の多くはスタンスを変えない。
 我慢できる、ぎりぎりの状態になって初めて考える。
 そして、我慢できない局面で覚悟を決める。

○昨日と今日で心理が変わる。
 相場の世界ではよくあることである。
 昨日下げたときは買えないが今日上げたときは買える。
 昨日下げたときは売れるが今日上げたときは売れない。
 それも相場の心理である。 

○真冬に20度の日があれば暑いと感じ、真夏に20度の日があれば寒くて仕方がない。
  同じ気温なのに。
 人間は、温度、明るさ、味などについて、
 絶対値ではなく相対的な変化に鋭敏に反応する。
 これらの感覚だけでなく、金銭や物にたいする評価も相対的である。
 この変化の感覚は、相場にも通じる。

○個人投資家の心理はいつの時代も同じ。
 上がれば強気、下がれば弱気。

○人は損失により学習するが、損失が小さいと修正意欲が高まる。
 損失が大きいと自身を否定する意識が高まる。

○相場の世界に適合するためには、
  入り口のルール
  タイミングのルール
  出口のルール
 最低、3つのルールは確立していかなければならない。

○相場は自分の読みと相場の動きが合致したときに大きく勝負すれば良い。
 少なくとも自分の読みと相場の動きにずれが生じたときは、
 それを修正するか休むかということになるが、重要なことは適応する力であると考える。
 自分の考えが正しく相場の動きが違うなどとは決して思わない。
 ただし、相場に対して信用していないときにポジションは組まない。

○玉を支配する者は売りたい時には提灯がついてくるであろうポイントを作り
 玉を溜めたい時には悪いチャートを作ってくる。

○誰もが買いたいと思うところを買ってはだめである。
 心理(買い)の偏りは一旦解消させなければ進めない。

○買いでのチャンス局面とは9割方手放し、誰もが買いに入りたくない局面にあり、
 売りでのチャンス局面とは9割方買いついたところである。

○出来高が少なく、株価が高い → 弱さを内包
 出来高が少なく、株価が安い → 強さを内包

○デイにて禁物なのが、迷い、値を追いかける、妄想。
 追いかけるのではなく、待ち受けることが重要。
 守る時間が長いのは相場もスポーツも弱いものです。

○勝負とは捨てるということ

○下げるときや上げるときは、いくつもの複合要因があるが、
 全てに対応しようとすると体が動かなくなる。

スポンサーサイト
↓応援していただけると嬉しいです♪
人気blogランキングへ クリックで1票♪

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

管理人が不適切と認めたトラックバックは許可無く削除する場合があります。
この記事のトラックバックURL
http://annys.blog10.fc2.com/tb.php/948-4a2a3947

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。